Windows 7 のサポートが切れたら使えなくなるの?(2020年1月14日問題)

すでに話題になっているとおり、2020年1月14日に、Windows 7 のサポートが終了します。
今年初めのパソコン系の大イベントです。

サポートが切れたら、家のパソコンはどうなるのか、というお問合せを連続でいただきました。

Windows 7
終了

  • 即使えなくなるの?
  • 安全?
  • すぐに新しいパソコンを買わないとダメ?

・・・といった疑問です。
そうですよね。
パソコン買い換えとなれば、安い投資ではありません。

消えゆくモノたち

Windows 7 は1月14日に終了

マイクロソフト社のアナウンスのとおりです。
2020年1月14日で、Windows 7 のサポートが終了します。

Windows 7 のサポートは 2020 年 1 月 14 日に終了しました - Windows Help
Windows 7 サポート終了に関する情報と、Windows 10 へのアップグレードおよび新しい PC のご購入に関する注意事項をご確認ください。

この後、何か問題が発生しても、マイクロソフト社には修正義務がありません。
義務がなければやらないですから。

安全でなくなるのです。

そのようなものは使わない方がよいです。
もともと10年計画です。
致し方ありません。

インフラ提供側は強いですよ。

1月15日からどうなるのか

個人利用では、特に何か変わるということもないでしょう。
普通に使えます。

お仕事利用はやめましょう。
サポート外のものを使って仕事をしていると、信用を損なう恐れがあります。
直近で何かなかったとしても、長い目で見てプラスはありません。

CAUTION

いずれにしても、危険であることは確かです。
何らかの手は打つべきです。

安全ではない

ノイズ

Windows 7 に、何らかの問題が発生した場合、マイクロソフト社はサポートの義務がなくなります。

現時点では、何かあればメーカーがしっかり対応してくれます。
延長サポート期間内だからです。
(機能追加はありませんが、問題発生には対応してくれます。)

サポートが切れると、何かあっても、メーカーはサポートしてくれません。
問題は自分で解決するか、諦めるかの2択です。

基盤

「何か」に関して、深く考えておいた方がよいです。
パソコンの使い方が分からないとかいったレベルの話ではありません。
アプリが止まることもあるでしょうし、保存しているデータが突然消えてしまうといったことも考えられます。
情報が知らぬ間に盗まれるとか、自分が知らぬ間に犯罪に加担するとかいったことになり得るのです。

上記がピンと来ないのであれば、Windows 7 は使わない方がよいです。

最悪のシナリオ

サイバー

サポートがないということは、おかしなところが見つかっても、マイクロソフト社には修正してくれないということです。
OSのつくりなど分かっているのはマイクロソフト社だけですので、一般人レベルでどうこうなる話ではありません。

以下のようなシナリオが起こりうるのです。

  1. Windows 7 搭載パソコンを乗っ取れる不良が見つかる
  2. 自分が知らないうちに、悪の組織によって、パソコンが乗っ取られる
  3. 悪の組織は、自分のパソコンから不正アクセスを繰り返し、政府の機密情報を持ち出す
  4. 悪の組織が乗っ取りの証拠を隠滅する
  5. 警察が来て逮捕されるのは自分

踏み台アクセスというやつです。
サポート内であれば、1のタイミングでマイクロソフト社が危険性をアナウンスし、危険な穴を塞いでくれます。
サポートが切れていると、2以降に進んでいってしまうのです。

Windows以外の選択肢は?

ノイズ

これを機に、Windowsから脱却するというのも選択肢の一つではあります。
実際、パソコンを使うだけであれば、OSの種類はいくつかあるのです。

MacでもChromeでも、よいでしょう。

ブラウザーとメールしか使っていないのであれば、パソコンを捨ててしまうという選択もアリだと思います。
スマホとタブレットがあれば、どちらもできてしまいます。

あわてて新しいパソコンを探す前に、少し考えてみてもよろしいかと。
スマホもけっこうなお値段ですよ?
そしてやれることが多いです。

パソコンを買い替える必要はない

繰り返しになりますが、Windows 7 は、もう使わない方がよいです。
安全が保障されていない飛行機に乗っているようなものです。
ちょっと分かりにくですが。。

これも繰り返しですが、お仕事で使うのは絶対にダメです。信用の問題になります。

アイテム

では、パソコンを買い替えなければならないのかといえば、そうではありません。
Windows 10 にアップグレードすればよいのです。

Windows 10 - Microsoft Store 日本
Microsoft Store 日本 で Windows をお買い求めください。 いつでもすべての注文について送料と返品送料が無料です。

新しいPCを購入するよりも、出費を抑えられます。
高級なセキュリティー対策ソフトを買うと思えばよいのです。
通常のアップグレードなら、マイドキュメントなどに入っているファイルはそのままですし、対応アプリもそのままです。
2時間程度の待ち時間の後に、新しいOSで同じパソコンを使えます。

マイクロソフト社は、しきりに新しいPCの購入を勧めてきます。
もちろん、新しいパソコンのほうが動きもサクサクです。

ノートパソコン

お財布とのご相談なら、型落ち品に乗り換えるのもアリでしょう。
1年前くらいのものであれば、スペック的には問題ありません。
お値段もそこそこ下がってきているので、現実的な計算が成り立つと思います。

Windows 7 が動いているパソコンに比べれば、3年前くらいのものでも、ハイパワーでスピード感があるはずです。

デバイスの価格は青天井ですからね。
そこそこのものを見つけないといけませんね。

消えゆくモノたち

最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました