はがきデザインキット Web版での宛名印刷は事実上不可能

Blog Admin
Blog Admin

そろそろ年賀状の時期ですね。
準備しましょう。

Blog Admin
Blog Admin

あれ?
はがきデザインキットがまだ使えますね。使えなくなるという連絡があったような気がしていましたが。。
さっそくデザインを・・・

はがきデザインキット
宛名印刷をお願いしたい!

Blog Admin
Blog Admin

・・・デザインが決まったので、宛名印刷してもらいましょうか。
って、あれ??
1件ずつ入力するの!?

Blog Admin
Blog Admin

つかえねー・・・

無理でした。
プリンターなど持っていないので、宛名まで印刷していただきたいのですが。。

Web版スマホアプリ版しかありませんので、インストール版を使っていた方には何等かの対応が必要です。
代替案を考えました。
お金をかけない方法です。

はがきデザインキットはもう使えませんね。

郵便年賀.jp
誰でも簡単に年賀状がつくれる「はがきデザインキット」等、年賀状のことなら郵便年賀.jpへ。

Web版で宛名印刷は事実上不可能

Web版での宛名印刷は可能です。
ただし、1件ずつ入力する必要があり、セッションが切れると、データが消えます。

以下のような方には向いています。

数十件の宛名情報を1件ずつ黙々と、休みなく入力できる。
データが消えてしまってもキレない。

以下のような方には不向きです。(自分はこっちです。。)

数十件の宛名情報は1件ずつ入力したくない。
3件以上はアップロードさせてほしい。
この作業だけしているわけではないので、入力は複数日に分けたい。
データが残らない意味が分からない。

はがきデザインキットの情報はIDに紐付くわけではないようで、Web版とアプリ版の連携もできません。
以前のような、スマホで写真を撮影して、荒く編集してしまってから、PCで整形して、宛名情報をアップロードとかいった運用は想定されていないのです。

ちなみに、宛名情報のイメージをPDFとしてダウンロードできます。
この場合にはアップロードが使えますが、印刷は自前のプリンターです。

インストール版は利用できない

以前案内があったとおり、はがきデザインキットは終了です。
インストール版は利用できないので、ローカルのリソースとプリンターをどうしても使いたい方は、他の何かのアプリを準備する必要があります。
あまり意味はないと思いますが。。

はがきデザインキット Web版を使って自宅プリントしたいなら、対応案は3パターンくらいでしょうか。
デザイン面も宛名面もPDFを作ってくれるので、基本的にはそれを印刷する考え方です。

コンビニでは、宛名印刷できません。

代替案1: デザイン面と宛名面PDFを自宅でプリント

デザイン面をPDFダウンロード。
宛名面をPDFダウンロード。このときに、住所録はアップロードできますので。

ダウンロードしたPDFファイルをせっせと印刷するだけです。
印刷サイズや用紙設定はお間違えのないように。
それと、はがきの表と裏はお間違いなく。

PDFを印刷するだけです。
宛名に誤りがあったら、あらためてWeb版でPDF生成する必要があります。

代替案2: デザイン面PDFと宛名を自宅でプリント

プリンター

デザイン面をPDFダウンロード。
宛名面は、Wordの差し込み印刷を使ってみればよろしいかと。
宛名印刷用のフリーソフトを使うか、ラベル印刷という案もあります。

デザイン面に関しては、ダウンロードしたPDFファイルをせっせと印刷するだけです。
印刷サイズや用紙設定はお間違えのないように。
それと、はがきの表と裏はお間違いなく。

宛名印刷のスキルが身に付きます!
比較的柔軟に対応できます。

代替案3: デザイン面を発注して宛名は自宅でプリント

デザイン面は発注してしまって、郵便局に印刷してもらいます。
宛名面は、 Wordの差し込み印刷を使ってみればよろしいかと。
宛名印刷用のフリーソフトや、ラベル印刷という案もあります。

リードタイムはありますが、きれいなデザイン印刷が可能です。

ゆうびんIDの謎

ポスト

郵便局が扱っているIDの種類が複数あるようで。
かつては「ゆうびんID」ではがきデザインキットを使っていたと思うのです。

今使えるサービスは、「郵便局の総合印刷サービス」ということで、別途「郵便局の総合印刷サービス会員ID」と「ゆうびんID」の連携が必要です。
連携といいつつの移行のようにも見えます。
ログイン画面の見え方など分かりにくいところが多いです。
イライラしたメンタルだとよりいっそう分かりにくくなるので、コーヒーでも飲みながら、ゆったりした気持ちで操作されることをお勧めします。

総合印刷でも年賀状を発注できますが、はがきデザインキットよりも高額に見えます。

断念しました

はがきデザインキット Web版の活用は、普通に無理です。。
いちいちPDFにしてコンビニに持って行くとか。
ないです。

プリンターを持っていない人のことは、あまり考えられていないわけですね。
手で書け。とw

PDF

郵便ポータルからは、デザインイメージをアップロードするとハガキ印刷してくれる「総合印刷サービス」がありますが。
サイトがとても重くて、それだけでイライラですw
ここでは、宛名面の印刷用に住所録をアップロードする機能もあります。
実際、数十件をいっきにアップロードできました。

便利で助かったと思っていたら、デザインイメージはjpegではないといけないと。。
はがきデザインキットが出力してくれるのはPDFなので、使うなということですね。。

もう心が折れたので、別のサービスを使うことにしました。
既述のとおり、ダウンロード版をお使いとか、自前で印刷できる方は、はがきデザインキットを活用してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました