【Z.comプラン変更】AWS上のWordPressサイトをレンタルサーバーへ移行(ツールのおかげで楽々移行)

AWSに設置していた『ともだちひろばのひろば』(WordPressで構築したサイト)をZ.com WPに移行しました。
移行ツール(「かんたん引っ越し機能」)を利用して簡単に実施できました。

ツールでの移行完了後、DNSサーバーを変更しました。

その後問題は発生していません。

スポンサーリンク


移行概要

Amazon Web Service(AWS)のEC2で稼働させていたWordPressから、Z.comが提供するサービスに乗り換えました。

Z.comでは「かんたん引っ越し機能」を提供しているので、利用させてもらいました。
びっくりするほど簡単だったというのが、正直な感想です。
Z.com以外のサービスからの移行の場合、最大3,000円分のクーポンをもらえるので手続きを忘れないようにしましょう!

Z.com WPお乗り換え特典! | ホームページ作成なら Z.com WebHosting
Z.com WPでは、他社サービスで利用しているWordPressサイトをZ.com WPへお乗り換えいただいた方限定で、クーポンを最大3,000円分プレゼントします! ●エントリープラン:最大 1,000円 ●ベーシックプラン:最大 2,000円 ●ビジネスプラン :最大 3,000円Z.com WPが最大3

なお、問題も発生しましたので、併せて書いておきます。

それから、すでにZ.com WPの別のサーバーで動いているWordPressは移行ツールの対象外です。(移行できません)
この話は別記事に書きます。

移行手順

新規のWordPressを追加する際、「移行する」を選べば、コンテンツとデータベースを移行できます。
WordPressが移行できていることを確認したら、DNS情報を書き換えます。

プラグインのインストール確認

移行のために、WordPressにプラグインがインストールされます。
管理者ユーザーのIDとパスワードを移行設定時に入力するので、この情報を利用していると考えられます。

WordPress移行中

各種情報を入力してからは、待つだけです。
ステータスが「移行中」になり、触れない状態です。

移行成功

移行の自動作業が成功すると、成功のメッセージが表示されます。
WordPressが触れる状態になりますので、念のため状況を確認します。

作業後もプラグイン(Z.com Easy WP Migrator)が残っていますので、削除を忘れないようにしましょう。

「かんたん引っ越し機能」という名前は伊達ではありませんでした!

その後は、お名前.comでDNSを書き換えました。
AWS用に設定してあった内容をZ.com用に変更しました。
CNAMEレコードは設定してあったので、そのままにしました。

所要時間

移行にはある程度の時間がかかります。
設定して、新しいWordPressを使えるようになるまで、30分ほどの時間を要しました。

コンテンツ数やデータ量によると考えられます。
『ともだちひろばのひろば』は、バックアップを取ると150MBほどのサイズのサイトです。

ともだちひろばのひろば
ともだちひろば運営委員会のブログ

発生した問題

以下の2つの目立った問題がありました。

  • パーマリンクを編集できない
  • Jetpackのサイト統計情報を移行できない

一つ目は、ツールの仕様と考えられます。二つ目は、手続きミスです。。

パーマリンク設定

記事のチェックをしていて、ふとパーマリンクを見てみたところ、URLがかなりの長さになっていました。
「編集」ボタンはどこかにいってしまって、URLが画面の右端を突き抜けてしまっていました。

解決には、パーマリンク設定が必要でした。

WordPressの設定を確認したところ、共通設定のところが「カスタム構造」になっていました。
AWS時代に、そのような設定を入れた記憶はございません。
「月と投稿名」にもどしたら、記事のパーマリンクも正常に戻りました。

Jetpack

アカウントの紐付けを失敗してしまいました。

新サイトが新しい紐付けになりました。
なぜそのような手続きをしてしまったのか、今となっては謎でなりません。
おそらく、作業時に眠かったのだと思います。

ここから学ぶことは、眠い状態での深夜徹夜作業は、作業ミスの原因になるので避けるということです。
以後、気を付けます。

立方体

残課題

AWSの停止が必要です。

すでに、アクセス状況を見ると『アクセスなし』の状態ですので、停止は問題ないと考えられます。
(Jetpackのサイト統計情報が稼働していて、アクセス件数を取得しています。。)

早めに停止しないと、AWSの無料体験の期間を過ぎてしまいます。

早急に調査して、停止の手続きを進めます。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました