豪徳寺には招き猫がいっぱいいて、フォトジェニックなんだってね。
三軒茶屋へ取材に行くなら、近いんじゃないかい?ってことで、行ってきた。

豪徳寺
フォトジェニック!

最寄り駅は豪徳寺じゃないからニャ。
世田谷線で行くか、バスだニャ。

ちなみに現在、山門を工事中。ちょっと残念だった。。

招き猫がてんこ盛り

噂のとおりね。
招き猫がたくさん。

豪徳寺

これって、奉納されたもの。
商店に置いてあるみたいなゴテゴテタイプと違って、シュッとしてる。

招き猫

小さなものから大きなものまであるのは、お値段の違いねw

ここって、井伊家の菩提寺。
彦根藩の井伊。
大河ドラマで『直虎』やってた井伊。
禅寺。

インスタか何かで有名になって、おかげで外国人観光客まで増えちゃって。
実際、日本語以外の言語も聞こえてきました。

あと、猫を連れてきてる人がいたな。カゴで。



井伊直孝のお話

井伊直政の次男、直孝のエピソードが語り継がれてる。
諸説あります。

いろいろ聞いててね。

井伊直孝、鷹狩の帰り道。
境内で手招きする猫を発見。
ではここで休んでこうってことで寺に入った。
そのとたん、土砂降りになったとさ。
ずぶ濡れにならずに済んでよかったね。

とか。

井伊直孝、鷹狩の帰り道。
境内の木陰で雨宿り。
猫が手招きしてたからそっちへ行ったら、雨宿りしてた木に雷が落ちた。
命拾いしたぜ。

とか。

招き猫

真実は分からんけど。
菩提寺になりましたとさ。

最寄り駅は豪徳寺か宮の坂か上町

小田急線に豪徳寺って駅があるんだけど、やや遠い。
そこから世田谷線の山下駅に移動して、1駅行った宮の坂駅が最寄りかな。
あるいは上町駅。

渋谷方面からなら、バスで上町まで行くのもありかと。

いずれにしても、交通の便がよいとは言えない位置。
なのにお客さんが多いっ!
すごいことだ。

近くとゆーかお隣は世田谷城の址。
曲輪とか堀切の跡が残ってる。
豪徳寺はその一部だったのでは?って説もある。
って、ブラタモリでやってた気がする。
ちなみに、けっこう目と鼻の先な場所には、松陰神社があります。
吉田松陰先生を祀った神社。
安政の大獄では、井伊直弼が投獄して、寅次郎は獄中死。
不思議な位置関係。

行き方はGoogle先生が教えてくれるから便利よね。



絵馬の言語がグローバル!

絵馬もおみくじも御朱印もあるんだよ。
んで。
画待って見ちゃうじゃないですかぁw

写真は撮らんけどね。

西片、カメラを構え

書かれてた言語は複数種類だったよ。
日本語はまあいいとして。
英語と、あと読めない言語たち。

ロシア語?フランス語?
みたいな感じで、分かりませんでした。

絵馬って、馬を奉納する代わりの木札って認識。
だから馬が描かれてる。豪徳寺の絵馬は猫が描かれてる。
派生形だな。
かわいいからよし!w

最後まで読んでくださりありがとうございます!
よろしければ、ライターのTwitter(@SubShine_wnkhs)をフォローしてやってください。

最新情報をお届けします!!

さらにおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です