【Windows 10】累積更新プログラム「KB4540673」をインストール

Windows Update にて、「2020-03 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB4540673)」をインストールしました。
OSビルド 18363.719 です。
3月10日にリリースされています。

2020-03 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB4540673)

同タイミングで、Word の更新がありました。
インストールと再起動の時間の記録です。

実施環境は、Windows 10 Pro バージョン 1909 です。
1903も同タイミングでリリースされていますので、ごいっしょにどうぞ。

Windows 10 累積更新プログラム

KB4540673

Windows 10

本家サイトは、まだ英語のままです。
しばらくすれば、自動翻訳で日本語になると思います。

ハイライトに3つの項目が記載されています。
小規模ですね。
もちろん、「1903」と「1909」向けの両方の情報です。

EdgeとIEのセキュリティー対応というような、気になることが書かれています。個人としては使っていませんが、関係あるユーザーが多そうな範囲です。
それ以外の2つも、セキュリティーに関するものです。
小規模ですが、安全に関する色合いが強いですね。

以下の更新も同時実施です。

  • 悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2020 年 3 月 (KB890830)
  • Microsoft Word 2010 (KB4484240) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム

KB4540673

「ダウンロード」のボタンをクリックするタイプの回でした。

所要時間

ダウンロードとインストールと再起動の所要時間は、約25分です。

インストール中

ダウンロードとインストールの実測値は、23分です。
累積更新プログラムのみの処理は20分ほどで終わっていました。
その他の2つは、始まるまでは時間がかかりましたが、インストールが始まったらあっという間でした。

実測値は、1分半です。
最近の平均的な時間です。

手元環境は、Core i5 2.30GHz CPU、4.00GB RAM、SSDです。

更新プログラムのインストール手順

標準のとおり、Windows Updateで行います。
設定によるわけですが、放っておけば自動実行されます。
もちろん手動での実行も可能です。
呼び出し手順は、たとえば以下です。(方法がいくつかあるので)

Windowsメニュー → 設定 → 更新とセキュリティ

設定(1903版)

設定(1903版)

1903以降、ダウンロードとインストールの通知や指示方法が変わっております。
「今すぐダウンロードしてインストールする」のタイプと、「ダウンロード」ボタンだけのタイプがあります。

今回は前者でしたので、リンクをクリックして、更新プログラムの導入が始まります。

更新後の様子

特に何もなく稼働しております。
いつもどおりのあっけない感じです。
何かあっても困るのですがw

再起動待ち

更新内容は、セキュリティー関連の対応です。
これらの問題を感じていなかったので、相変わらず、何も変わっていないという感想ですが。
実施しておくべきものではあると思います。

Windows 10 累積更新プログラム

最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました