【サランスクの奇跡】日本のコロンビア戦勝利は歴史的なものだと分かってきた

2018年6月19日。
秋葉原で、サッカーワールドカップ 2018年 ロシア大会を観ていた。

22時50分ごろ、日本の勝利が確定。
周りの人たちも騒いでた。

正直、勝つと思ってなかった。
どうせ負けるんだから、結果だけ見ればいいや程度だったけど、いっしょにいた方々がサッカー気になるということで、携帯のワンセグで視聴。

居酒屋の個室だったわけだが、他の個室も同じような状況だった模様。
それぞれタイムラグがあって、いろいろ騒いでるのが聞こえてくるw

最後のホイッスルが鳴ってからしばらくは、お店中騒がしかった。
ウェーイとか、指笛とか、拍手とか。
ウチも騒いでハイタッチしてたw

平和~
スポーツはいいね。

興味なくて、あんまり気にしてなかった上に、ワンセグ中継もほとんど真面目に見てなかったわけだけどww

調べて分かってきたのは、歴史的な瞬間だったということ。

ワールドカップでの日本の勝利は、2010年大会以来のこと。
前回は、出場まではできたものの勝利ナシ。
待ちに待った勝利だったんだね。

ゴール

そして、ワールドカップでアジアのチームが南米のチームに勝つのは初。
これまでの長いワールドカップの歴史の中で、アジアのチームは南米チームに勝ててなかった。
オリンピックでは、日本がブラジルに勝っちゃうとかあったけど。
これはもはや「○○の奇跡」みたいな名前が付くレベル。

地名になるわけだから、『サランスクの奇跡』かな。

コロンビアは、FIFAランキング16位。
これに対して日本は61位。
圧倒的な差があったんだね。

スポンサーリンク


試合開始4分とか5分とかで、コロンビア選手が1発レッドで退場したのは大きかったんだろう。
さすがの強豪チームも、1人少ない状態では厳しい戦いになってしまったと。
それでも1点入れてるあたりがすごいところ。

お互いにベストを尽くしての結果だろうから、恨みっこなしで。

次もがんばってね~

コメント

タイトルとURLをコピーしました