「Xiaomi Mi Band 3」と「Honor Band 4 Running Edition」を使ってみた感想

最近話題のフィットネストラッカーの比較です。
「Xiaomi Mi Band 3」と「Honor Band 4 Running Edition」です。ちなみに、HonorはHuaweiのサブブランドです。

どちらも優秀なウェアラブルデバイスです。
取得できるデータや表示内容には違いがあるので、想定する用途によって、どちらかを選ぶことになります。

Xiaomi Mi Band 3
vs
Honor Band 4 Running Edition

普段の健康管理や通知確認は「Xiaomi Mi Band 3」で、ランニングやウォーキングのフォーム分析は「Honor Band 4 Running Edition」で、それぞれトラッキングするとよいと思っています。

なお、今回比較したデバイスはどちらも、GearBest様より提供いただいたものです。

(「話題になっている」のはこのブログだけでしょうw)

デバイス比較

仕様の比較もしますが、実際に使ってみた感じの比較も書きます。

「Xiaomi Mi Band 3」と「Honor Band 4 Running Edition」それぞれのデバイスを片腕ずつに着けて、両腕にバンドを装着した状態で生活してみました。
なるべく外出する日を狙って、同じタイミングで着けて、同じタイミングで外すという具合です。

フィットネストラッカー
左側が「Honor Band 4 Running Edition」、右側が「Xiaomi Mi Band 3」です。

基本スペック

カタログスペックベースに、実際に使って分かったことも書いてあります。

分類Xiaomi Mi Band 3Honor Band 4 Running Edition
Xiaomi Mi Band 3Honor Band 4 Running Edition
お値段$23.59
約2,700円
$24.55
約2,800円
計測歩数、心拍数歩数
防水50メートル防水(5 atm)
無線Bluetooth 4.2
表示0.78インチ OLED0.5インチ OLED
操作タッチボタンとタッチスクリーンタッチボタン
通知方法バイブレーション
対応OSAndroid 4.4以降、iOS 9以降(アプリ連携必須)
充電時間約2時間
稼働時間20日間21日間
サイズ46.7 X 17.8 X 12.0 cm40.1 X 15.0 X 10.7 cm
重さ7g6g
その他機能時計、通知内容表示、天気、ストップウォッチ、アラーム、など時計、通知アイコン表示、アラーム、

稼働時間は公称値です。実際には通知が来たり、触ったりするので、これよりも短くなります。どちらもおよそ2週間という感覚です。
電池残量が少なくなると、充電するように促してきます。通知後もしばらく使えるので、バッテリーを使い切ることはないでしょう。

裏側
Mi Band(右)には心拍数を計測するためのセンサーが付いています。Honor Band(左)の裏側はロゴと技術情報が書いてあるだけです。

取得データ

大きな差がある部分です。
センシングの種類と精度が異なります。

センサーの装着形態によって異なるので、Honor Band 4の方は、腕装着(リストバンド)と靴装着に分けます。

分類Xiaomi Mi Band 3Honor Band 4 Running Edition
腕装着靴装着
Xiaomi Mi Band 3Honor Band 4 Running Edition(腕装着)Honor Band 4 Running Edition(靴装着)
ウォーキング
ランニング
サイクリング
バドミントン××
なわとび××
睡眠×

「Honor Band 4 Running Edition」を靴に装着してランニングを分析するときは、とにかくすごいです!
ただし、それ以外のトラッキング能力は、心拍計も内蔵している「Xiaomi Mi Band 3」の方が高いです。

ウォーキングでは、どちらも同じような値を計測し、同じような分析結果を得られます。心拍の差で、Xiaomiの方が高機能です。

ランニングでは、Honorの真価が発揮されます。
それ以外のシーンでは、普通のフィットネストラッカーです。心拍も計れません。

睡眠の計測では、心拍が取れている方が有利に見えて、あまり差がありませんでした。
どちらもよくできています。

「Xiaomi Mi Band 3」と「Honor Band 4 Running Edition」
手前が「Honor Band 4 Running Edition」、奥側が「Xiaomi Mi Band 3」です。

使い方

実生活での使い方も考えてみます。
やや機能に寄ってしまったかもしれませんがw

分類Xiaomi Mi Band 3Honor Band 4 Running Edition
腕装着靴装着
Xiaomi Mi Band 3Honor Band 4 Running Edition(腕装着)Honor Band 4 Running Edition(靴装着)
時計として使う×
スマホへの通知を確認する×
スマホを探す×
天気予報を見る××
運動の記録××

大きな差がある点として、画面表示能力があります。
「Xiaomi Mi Band 3」は日本語に完全対応していて、24文字をいっぺんに表示できます。また、タッチボタンとディスプレイのフリックが使えます。
このため、スマホ通知の内容まで、確認できるのです。

側面
Mi Band(右)の方が、ブレスレット用の溝がはっきりくっきりしています。

たとえば、メッセージの内容は3ページにわたって(フリックでページ送り)表示できます。文字数が多いメールの冒頭部分も読めてしまいます。
土のアプリからの通知なのかが一目瞭然なのです。

これに対して、「Honor Band 4 Running Edition」はディスプレイの小ささと表示能力が仇となります。
スマホ通知を「通知」することはできても、「どのアプリからか」が分からないのです。ディスプレイ表示されるアイコンが、どれも同じなのです。どのアプリからかすら分かりません。。

その他、機能面で差があります。

見た目

利用シーンに大きく関わることです。
特に、固めの仕事をされている場合は、デバイスを装着した際の見た目が重要だと思います。

デフォルト装備のままだと、一目瞭然で、Honor Band 4 Running Edition の派手さが分かります。バンドの色が選べるのですが、赤か緑です。どちらも鮮やかな色で、スポーツの際にはかっこよく見えますが、お仕事シーンにはそぐわないものでしょう。

Xiaomi Mi Band 3 は、黒いバンドなので悪目立ちしません。
かなりの種類の替えバンドが売られており、中には、メタルのバンドまであります。
ビジネスシーンでの違和感はかなり小さいでしょう。

総評

「Xiaomi Mi Band 3」と「Honor Band 4 Running Edition」では、デバイスのコンセプトが異なります。それがそのまま性能に現れています。
そういうわけで、現状、2つの運用は以下のとおりです。

分類Xiaomi Mi Band 3Honor Band 4 Running Edition
Xiaomi Mi Band 3Honor Band 4 Running Edition
日常生活左腕なし
就寝中ときどき左腕ごくまれに右腕
ランニング左腕右足
スポーツ左腕なし

睡眠中はあまり着けていません。それから、作業中も腕から外して置いてあります。
通知が来るとバンドが振動していますw
それでも、通知内容をサッと見られるのは便利です。

ランニングのトラッキング性能は、Honor Band 4 Running Edition が圧倒的です。靴装着は、腕に何もつけなくてよいというメリットもあるのです。靴装着での計測のみでよいとも思っています。

これくらいのゆるい運用が合っていると思っています。

スタイル

Honor Band 4 Running Edition

固めのお仕事をされている場合は、赤や緑のバンドを手首に着けるわけにはいかないでしょう。
Honor Band 4 Running Edition をビジネスシーンで利用する場合には、バンドの交換が必要かもしれません。一応、黒い替えバンドはあるようなのですが、入手方法が不明です。。

ここは、靴装着でトラッキングする方向でいかがでしょうか。

装着感

装着モード

腕装着の際には、どちらも装着感は変わりません。

Xiaomi Mi Band 3 の心拍センサーは、特に気になるようなことはないです。
ときどき光が漏れてくるくらいでしょうか。
バンドの形状が異なり、Xiaomi の方は慣れが必要です。

Honor Band 4 Running Edition を靴装着した際には、紐に通してしっかり固定してしまえば、あとは気になることなく快適です。腕にバンドがないことはありがたいです。重さも装着感もないのです。


最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました