Excelは頻繁に保存すること!ファイル移動は慎重に!!

Blog Admin
Blog Admin

やらかしました。
Excelは慎重に扱わないと危険ということをあらためて思い知らされるのでした。

Excel
やってはいけない

Excelはこまめに上書き保存しておきな~
ということをよく言います。
そのような時代は過ぎたのかと思っておりましたが、まだまだ注意は必要ですね。。

軽い気持ちで操作した結果、3時間分の作業が飛んで行ってしまいました。。
気持ちが辛いです。

やらかしたので、予防策と、モチベーションのメモです。

やらかしたこと

Excelで資料を作っていました。
とは言っても、単純な転記作業でして。もともとあまり乗り気にならないような作業ですが、誰かがやるしかないものなので、がんばっておりました。

そこで、やらかしてしまったのです。

やらかし
  1. シートの内容を変更
  2. 上書き保存とファイルクローズを忘れて、対象ファイルの移動(Ctrl + X → Ctrl + V)操作
  3. ファイルが開いている警告
  4. Excelで上書き保存
  5. 警告の「再試行」をクリック
  6. 移動先で更新日がおかしいことに気付く

ファイルを開いたところ、案の定、1の前の状態でした。
履歴などを見直しましたが、何も残っておらず。。

ローカル環境で作業して、つくったファイルを共有フォルダーにアップロードするという流れです。
いつもどおりのことなのです。

ファイルシステムが原因か

もちろん原因をつくった最大の要因は自分の怠慢なのですが。。

遠因というか、原因の一要素として、OSの機能もあるのかな?ということで。
考察を書いておきます。

考察

切り取り操作をした時点で、対象ファイルの情報はクリップボードにコピーされています。
その後、展開中のファイルをいくら操作しても、クリップボードに退避済みのファイルには影響がないのでしょう。
展開中のファイルを操作したかどうかは無視して、閉じられたことを認識して、クリップボードからファイルを貼り付けて、元の場所にあるファイルを消し去ったということだと思われます。
厳密にはディスク上にデータはあるのだと思いますが、触れない状態になってしまっているのでしょう。

環境による違いもあるかもしれないのでなんとも言えないところはあるのですが。。
これを意識していれば、回避もできたでしょう。
事象から学んでいくしかないとはいえ、大きな代償でした。。

予防策

「そもそも」なことも含めて、予防の考え方を2つです。

ひとつめは、Excelはこまめに保存しておくこと!
これに尽きます。
もともと不安定なものなのだということを認識の上で使わなくてはです。
履歴管理はよくなってきていると思いますので、ロールバックポイントを明示してくことが重要でしょう。
場合によっては、意図的に世代を戻すことも可能なのです。

HDD

ふたつめは、展開中のファイルを移動しない!
警告が表示された場合には、まず「キャンセル」です。
展開しているということは、何かをやり忘れている可能性が非常に高いのです。今回もそうでしたし。。
慌てて移動しようとせずに、いったん操作を止めて、内容を確認すべきです。
確認は過剰でなければ、何回かやってしまってもよいものでしょう。

モチベーションコントロール

今回は3時間くらい作業した分の情報が消えてしまいました。。
落ち込みます。

すでにやったことをもう一度やるということほど辛いことはありません。
かなりのストレスだと思います。
それでもやらねばならんのです。

転記作業でよかったのかよくなかったのか。。

ノートパソコン

前回とは違う方法でやってみようとか、もっと短い時間に挑戦してみようとか、心の整理をつけて、無心で取り組みましたw
余計なことを考えると、辛い思い出が蘇ります。

嫌な思い出が心を支配してしまいそうになったら、ブログ記事にするにはどう書いたらいいかなぁ~、と考えるようにしていました。
ということで、これはストレス発散の投稿なのです。
いろいろ思い出したり分析したりして、これを 書いている間が一番辛かったような気もしますw
この教訓を次に活かせばよいのです。日々精進ですよ!

この投稿を書いたのは・・・
Blog Admin

スマートフォンで電話をかけたことがありません。
端末としては所有していますが、SIMは入れていません。

お出かけのときには、スマホを4台くらいとタブレットとパソコンと、Pocket WiFiを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Admin」をフォローしてみる
Excel関連
「Blog Admin」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました