ノートパソコンを閉じたまま外付けディスプレイで作業する【Windows 10】

Blog Admin
Blog Admin

ノートパソコンを使っていますが、デスクでは大きめの外付けディスプレイで作業しています。

カバーを閉じたときの動作

お仕事でもプライベートでも、毎日ノートパソコンを持ち歩いていますが、デスクでは、大きめのディスプレイに繋いで作業しています。

外部ディスプレイに繋いだら、ノートパソコンのディスプレイ(カバー)は閉じてしまいたいのです。

Windows 10 では、「設定」から諸々の動作を調整できます。
カバーの動作による動きは、電源の追加設定で調整可能です。やり方の備忘録です。

カバーを閉じても「何もしない」

設定するのは、「カバーを閉じたときの動作」です。
ノートパソコンのディスプレイ部分は「カバー」という名称なのです。
カバーを閉じたときにどういった挙動になるかは、OS(Windows 10)の設定で決められます。

ノートPC

お好みで、スリープさせるもよし、電源を切ってしまうもよしです。
電源をいきなり切ってしまうような動きは、あまりおすすめできませんが。。

今回は、カバーを閉じても電源関係の動作は行わないようにしたいので、「何もしない」に設定するのです。

Windowsで設定

設定(1903版)
設定(1903版)

Windows 10 では、Windowsメニューの「設定」(歯車のアイコン)から、各種設定ができるように、諸々の項目が整理されて来ています。
以前はコントロールパネルが入口でした。大規模な整理ですね。

相変わらず、目的地までのルートは複数ありますが、代表的なものを書いておきます。

動作確認のバージョンは、1903です。(以降のバージョンであれば経路は同じはずです。
1803あたりから、この手順になっていると思います。
すでに投稿済みの以前のバージョンから、少し変わっています。
分かりやすくなったと思います。

「電源オプション」の設定

以下の経路で、「電源オプション」へ移動してください。
実は、コントロールパネル内のメニューに飛ぶのですが、マイクロソフト的な考え方で行こうと思います。

操作方法

Windowsメニュー → 設定 → システム → 電源とスリープ → 電源の追加設定

電源とスリープ
「関連設定」内の「電源の追加設定」をクリックします。

「電源の追加設定」をクリックすると、別のウィンドウが開きます。
コントロールパネル配下の電源オプションの画面で、「電源プランの選択またはカスタマイズ」と表示されています。

電源プランの選択またはカスタマイズ
電源プランの選択またはカスタマイズ

記載内容は、メーカーや元の設定内容によって若干異なります。
上の画像は参考です。

「カバーを閉じたときの動作の選択」

上記の「電源オプション」の画面で、左側のエリアにある「カバーを閉じたときの動作の選択」をクリックします。

電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化
電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化

ここで「カバーを閉じたときの動作」を選択します。
選択肢は以下のとおりですが、今回は「何もしない」を選択します。
電源を切らないし、スリープにもしません。文字どおり、何もしないのです。

  • 何もしない
  • スリープ状態
  • 休止状態
  • シャットダウン

選択内容を変更したら、画面下部の「変更の保存」をクリックします。
ここまでで、設定が反映されます。

あとは、バッテンボタンで閉じてしまって問題ありません。

念のための動作確認

電源

試しにカバーを閉じてみると、電源関連では何も起こっていないことが分かります。

もしマルチモニターにしていれば、ノートパソコン側のディスプレイはオフになります。
卒付けのサブディスプレイのみで使っているだけなら、特に変化はないでしょう。

ノートパソコン単独で使っている場合でも、カバーを閉じただけではスリープなどにならないです。
カバーを開くと、すぐに作業を再開できます。

スリープか何もしないか

Windows 10 のデフォルト設定では、カバーを閉じるとスリープさせることになっていると思います。
閉じたら終了。人間の動作から考えれば自然ですね。
ディスプレイ(カバー)は電気を消費する部分ですので、電源計画はしっかり考えねばなりません。
バッテリーからの給電中ならばなおさらです。

Power Button

作業スピードを優先するのか、バッテリーの持ちを優先するのか。

バランスはご自身でプロデュースしてください。
ただ、カバーを閉じても電源関係を変更しないように設定しておけば、

  • スリープするときには自分でスリープ操作する
  • 何もしないときにはそのままカバーを閉じる

という運用が可能になります。
自分で操作する手間はありますが、調整はつけやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました