YouTubeをピクチャーインピクチャーで表示させたい!(Android 10)

Blog Admin
Blog Admin

ピクチャーインピクチャーを使いたい!
そう思っていて、お試しできていませんでした。
YouTubeのPIPは使えないそうなので、遠回りして実現させた備忘録です。

YouTube
Picture in Picture

Android 10 端末で、ピクチャーインピクチャーを使ってみます。
動画をフローティングウィンドウで再生するやつです。ながら観です。
別のアプリの上に、視聴中の動画を表示できます。

YouTubeの動画を観ながらメモを書くなどの用途なわけですが。。
許可設定していても実現できずで。

Chrome経由で実現させることができたので、備忘録です。

ピクチャーインピクチャー

ピクチャーインピクチャー(Picture in Picture)が何かということを念のため書いておきます。
動画などを小窓(フローティングウィンドウ)にして、最前面に表示させるやつです。

以降「PIP」。

ピクチャーインピクチャー

表示は上のスクリーンショットのようになります。
ダークモードなので見えにくいですね。。

キーボード右上の、より黒い部分に動画が表示されています。
システムの仕様なのか、動画の内容は映りませんでした。

タップ数が多いが

まず、YouTubeのPIPを許可していても、普通には実現できません。
噂によると、日本ではYouTubeのPIPを使えないようです。
理由の予想は後述にて。

そこで、ChromeでYouTubeを視聴し、それをPIPで表示させます。
Chromeの設定も必要なはずなのですが、どこがどうつながっているのか、細かくは見ていません。デフォルト設定で実現できたので、いじっていなければ問題ないでしょう。

今回は、Android 10 端末で確認しました。
手元の「Xiaomi Mi A2」と「Xiaomi Mi Note 10 Lite」です。
後者はAndroid One(純粋なAndroid)なので、設定は一般的だと思われます。

登場するデバイスたち

YouTubeではなくChrome

Chromeのシークレットモード
Chromeのシークレットモードです。

YouTubeのアクセス権を確認すると、PIPは許可されています。(Xiaomi Mi A2 で確認)
ところが、動画再生中にホームへ移動すると、アプリがスリープ状態になります。つまり動画が止まります。

PIPになりません。

おそらく、広告表示などの関係ではないかと考えております。
YouTubeの有料プランにするとPIPを使えるという噂もありますので。

そこで、今回はChromeでYouTubeを再生した状態で操作します。
アプリの違いです。
使用するのはYouTubeアプリではなく、Chromeアプリです。
少し制限がありますが、大きな問題ではないでしょう。

操作方法

2つのデバイスで確認しました。

同じXiaomiの端末で、メーカーカスタマイズ版とAndroid One版です。
後者のほうがより一般的だと思います。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

PIPの設定項目が見つかりません。。
ただ、以下の流れでPIPは実現できました。

  1. ChromeでYouTube動画を全画面表示
  2. 通知センターを展開(画面上から下へフリック2回)
  3. 通知内「サイトでメディアが再生されています」を左へフリック
  4. 歯車アイコンをタップ
  5. 「その他の設定」をタップ
  6. ホームへ

カスタマイズが入っているので、文言にクセがあるように思えます。

Xiaomi Mi M2

PIPを許可していても、YouTubeアプリでは実現できませんでした。。
こちらもChrome経由で実現です。
Android One 端末なので、標準の操作のはずです。

  1. ChromeでYouTube動画を全画面表示
  2. 通知センターを展開(画面上から下へフリック2回)
  3. 通知内「サイトでメディアが再生されています」を左へフリック
  4. 歯車アイコンをタップ
  5. 歯車アイコンをタップ(2回目)
  6. ホームへ

歯車アイコンのタップは2回です。
それぞれ微妙に異なるものです。
ゆっくり操作しましょう。

PIP終了方法

疑問符

あとの操作は直感的に行えば問題ありません。
終了方法も簡単です。

終了させる考え方は2とおりでしょう。
全画面表示に戻すか、再生画面を消すかです。
動画の一時停止などもありますが、それはそれで、アイコンのとおりです。

全画面表示に戻すには、PIPをタップして、真ん中の全画面ぽいマークをタップです。
終了するには、PIPをタップして、右上のバッテンをタップか、画面下方にフリックです。

注意点

ピクチャーインピクチャー

できないことがいくつかあります。

まず、スクリーンショットを取得できないです。
PIP中にスクショを取得しようとしても、ダメと言われます。
今回のスクショは、いったんスクリーンレコーディングしてから、画面コピーを撮りました。
動画部分はブランクになります。

そして、自動再生の動画はPIPできないです。
上の操作をやりなおせばよいのですが、設定画面が起動していると邪魔されます。
タスク一覧で設定アプリを終了させてから、既述の操作をやりなおしです。

いい感じに移動して便利

YouTube

フローティングウィンドウは、いい具合に移動してくれます。
特に、キーボードを表示したときに感じます。

キーボードを避けてくれて、かつ、変換候補も避けてくれます。
基本的には、操作の邪魔になることはないと考えられます。
文字入力中にフローティングウィンドウの後ろ側にカーソルが入ってしまうことはありますが。そういうものでしょう。ウィンドウをドラッグすれば場所は変えられるので、問題ないでしょう。

起動中アプリよりも前面に表示されます。
場合によっては邪魔になるので、運用は工夫しましょう。

ただ、ながら観は、やはり便利な機能です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました