Uber Eats 手数料の仕組み変更はユーザーに得なのか?(配送料 + サービス料 + 少額手数料)

Uber Eats を久々に見てみると、2020/1/6から手数料が変わったとの表示。
これまでは「配送手数料」だけだったけど、3つの手数料の組合せになってる。
複雑化。
ぱっと見で分かりにくくするのは、ユーザーに負担を強いるときの常套手段。気になる。

Uber Eats 手数料変更
値上げ?値下げ?

はたして値上げなのか。値下げなのか。
嬉しのは誰なのか~

まあ商売である以上は、サービス提供側が嬉しいに決まってるんだけど。。

旧制度からどう変わったのか、計算してみた。

新制度で気になる3つの手数料

手数料として、オーダーごとに以下がそれぞれ加算されると。
これまでは配送手数料だけだったんだけど。

お知らせ

  • 配送手数料
  • サービス料
  • 少額注文における手数料

新制度になって、配送手数料は値下げ。最低金額は50円になった。
そんなコーナーもできてる。

Uber仕様

配送手数料
時間帯や混雑具合で変動する。確認できたのは、50円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円。きっと50円刻みだ。新制度になって値下がりしたところ。
サービス料
新制度で追加。商品代金の10パーセントが合計金額に加算される。消費税ではない。
少額注文における手数料
新制度で追加。合計金額が700円未満の注文の場合、150円加算される。

旧制度でも、時間帯によって、同じ店でも配送手数料は違ってたからな。
他の2つは、言ってみれば固定だからな。
とは言え、計算が面倒で、何が変わったか分かりにくいのは否めない。。

手数料計算を新旧精度で比較

タコス

まあ、計算して比較すればいいよ。
いろいろパターンはあるだろうが。
新制度の配送手数料がどれくらいになるのか謎なんだよな。。

身近な実績値を旧制度として、かつての配送手数料は570円。
領収書を見かえしたら、これがもっとも多かった。

この価格が、新制度のどこにあたるのかよく分からんのよ。
だから何パターンか計算してみた。

配送手数料: 50円

配送料50円

配送料50円

そもそも手数料が安いから、全体的にお安くなってます!

配送手数料: 350円

配送料350円

配送料350円

商品代金が高いと、やっぱりサービス料が効いてくる。
旧制度よりも新制度の方が高い。

配送手数料: 400円

配送料400円

配送料400円

法則が見えてくる。
高額の場合は、やっぱり新制度の方が高い。
少額部分も新制度の方が高くなるライン。

配送手数料: 450円

配送料450円

配送料450円

現状よりも配送手数料は安いんだけど、全体的に新制度の方が高い。
まだ700円~1200円のところでは新制度の方が安いけど。

これよりも高い配送手数料ってあるのかな。

高額になるほど負担増

商品代金が高額なほど、ユーザー負担は大きくなる。
もともと消費税が載ってる価格に、さらに10パーセントって。。
精神的にはぜんぜん嬉しくない。

手数料によっては、700円~1500円あたりで新制度の方が値下げ。
少額パターンでも、新制度の方がお安くなる可能性が高い。
それ以外の高額部分は、基本的には値上げ。

ビーガンパスタ

おしゃれ!

メリットのある価格帯は、お一人様用途だよね。
旧制度では、配送手数料一本だったから、グループでたくさん注文したほうがお得感あった。
一人当たりの手数料は抑えられるもんね。

けど今回の改定は、いわば累進課税。
受益者負担で不公平感なくって話なのかもしれないけど。
これまでの考え方はどこいっちゃったの?って思う。

ただ、そもそもけっこうな手数料になってるってところはお忘れなく。
店舗の価格設定も、通常料金と比べてUber価格の方が高いと思うから。

クーポン活用スタイルがかしこいが

結局は、サービスを使うわけだから。
なるべく妥当な料金を払いなさいよと。

CABRILLOS

それでもお得を追い求めるなら、クーポンを活用するしかないよね。
お友だち紹介で1500円ゲットとか。
メルマガのように送られてくる限定クーポンコードとか。

600円引きとか来てたな。。
クーポンコードはユーザー紐付きなんだよね。別人で試したらダメだった。

お持ち帰り

メニューに「お持ち帰り」ってのもあるからね。
そっち使ってみるか。

最後まで読んでくださりありがとうございます!
よろしければ、ライターのTwitter(@SubShine_wnkhs)をフォローしてやってください。

最新情報をお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました