【Dreame D9 ロボット掃除機】スケジュールしておくだけで賢く動いてくれる

ロボット掃除機を使おうとして、まずは部屋のものを整理しました!
そして、やはり楽です。

Dreame D9 ロボット掃除機

普通のお掃除水拭き掃除両方をこなしてくれます。
単体でも十分に優秀に見えますが、スマホアプリと連携するとすごいです。ちなみにアプリはXiaomi Mi Homeです。

Dreame D9 ロボット掃除機』をいただきましてので、レビューです。

スマートホーム化計画

ロボが見ている

LDSライダーレーザー3.0」という技術ということです。
ぱっと見で、ロボットが掃除機に乗っているような感じです!

LDSライダーレーザー3.0
行動中はくるくる回っています。

このセンサーのおかげで、部屋の中を効率よく動き回ってくれるのですね。
アプリ連携することで、お部屋をスキャンして地図をつくっている様子がよく分かります。

おしゃべりしてくれるのは、きっとこの子ではありませんw

Dreame D9 ロボット掃除機

2センチの段差は乗り越えてくれます。
カーペット上で動かしました。
フローリングとの段差は、難なく乗り越えています。心強いです。

ひととおり揃っています

パッケージは、輸送用に分かれてる部分もありますが、きれいにまとまっていると思うのです。

パッケージ
コンパクトにまとまっています。

本体とブラシと水拭きユニットに、充電ポートと電源コードです。
マニュアルは2種類で、クイックスタートと通常のマニュアルです。

通常のマニュアルもあまり厚みがないので、さっと読んでしまえばよいと思います。

日本語で問題なし

説明書は日本語です。ホームページも日本語です。
ただし、初期設定関係が英語なので、日本語を選択する必要があります。

箱

本体から発せられるメッセージは、初期状態だと英語です。
お掃除開始とか、充電開始とか、そういったことです。
勉強のためにはそのままでもよいかと思われます。

プロダクトの情報

Dreame D9 ロボット掃除機 の詳しい情報は、ホームページで確認できます。
英語になってしまったら、右上で日本語化できます。

Dreame D9 Robot Vacuum | Dreame Official Site
Dreame D9 with 3000Pa suction power, support sweep and mop 2-in-1. Route planning powered by the new SLAM smart algorithm, best choice for your home cleaning!

お買い物は楽天で可能です。

https://item.rakuten.co.jp/starq-online-tjc/robotvacuum_d9/

31,350円です。
公式サイトの記載価格(41,829円)よりも安いですね。

アプリ連携がすごい!

本体操作で充分に動いてくれます。
ボタンは3つで、表示は見慣れた感じです。

音声も流れますので、分かりやすいと思います。

機能紹介

クイックスタートとしては、アプリ導入で操作です。
スマホアプリは、やはり使い勝手がよいですし、とっつきやすいです。

本体操作でも大丈夫

本体のボタン操作のみで、電源、開始、停止、集中掃除、充電に戻るなどの指示を出せます。

Dreame D9 ロボット掃除機 起動してみた

動画のときには、まだ「動かしてみた」レベルです。
ホームボタンを押せば、充電器ベースまで戻ってくれます。
本体は英語のままです。

Mi Home で操作!

アプリ連携という書かれ方だったので、何を使うのかと思っていたら。
Xiaomi Mi Home」アプリです。

アプリ

手元にはXiaomi端末(Mi Note 10 Lite)がありますので、安心感を持ってインストールできました!!

Mi Home 6.0

アプリに「Dreame D9」を追加するので、マニュアルに記載されているQRコードをスキャンできるようにしておきましょう。

本体の日本語化

以下で可能です。

操作

掃除機のホーム画面 → 右上の点々 → 音量の設定 → 音声と音量 → 日本語

日本語のデータをダウンロードしているのか、連携しているのか、切り替えには少し時間を要します。
1分くらいでしょうか。
ちょっと待つ程度でしょう。

エリア設定とバーチャルウォール

掃除機のホーム画面で操作します。
バーチャルウォール(仮想壁)は、右上のほうにあるボタンの下の方です。
壁を作ると、D9がそこより先に進まなくなります。

待機状態

エリア設定は「区画」を選んで、指定できます。
バーチャルウォールよりも分かりやすいような気がします。
指定した四角形の中を掃除してくれます。
スタート地点を含んでいなくても大丈夫ですが、障害物があると、当然のことながら到達できませんw

意外と静か

まず感じたのは、お掃除の音が「意外と静か」です。
テレビを観ながらだとうるさいなと思いますが、ボリュームを上げて対処できる程度です。

動作モードは4種類です。

  • マナーモード
  • 標準
  • ターボ

標準のまま掃除しています。
追って、他のモードも確認してみます。
モードの変更は、右上の点々からです。

大掃除はひと段落

ロボット掃除機を使うことになると、メリットが大きく2つあると思います。

ひとつは、掃除機をかけている間に別のことができることです。
すべての部屋をいっきにやるか、部屋ごとにやるか、区画を切るか。
いずれにしても、床掃除と水まわりを並行できたり、買い物に出てしまうのもアリでしょう。
助かります。さすがロボットです。

パッケージ

もうひとつは、部屋を片付けるようになることです。
Dreame D9 ロボット掃除機 をMi Home連携で使うと、掃除したルートが結果として残り、スキャンした「何か」も記録されます。
手ぶらで掃除を終わらせたいので、邪魔物はしまうようになります。

掃除をスケジュールすることも可能なので、かなり手離れしてくれると思います。

ということで、部屋の大掃除はひと段落です。
棚の上や窓や壁は、手でやりますよ。

https://item.rakuten.co.jp/starq-online-tjc/robotvacuum_d9/
スマートホーム化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました