小型な独立型Bluetoothイヤホン「QCY-T1S」はバランスがよく文句なし!(2千円台 on Gearbest)

Bluetoothの独立型イヤホン「QCY-T1S」(QCY-T2C)を手に入れましたので、レビューです。
久しぶりにGearbest様より提供いただきました。
2千円台のワイヤレスイヤホンです。

QCY-T1S
レビュー

小型ボディーと大容量バッテリーが魅力で、ぜひ使ってみようと思いました。
対応コーデックはSBC(apt-Xに対応しておらず)で不安でしたが、あまり遅延を感じません。
Bluetooth 5.0 がよいのでしょうか。

イヤホンマイクですので、Web会議にも使えますね!

QCY-T1S / QCY-T2C

日本語のサイトもあるQCYです。中国のメーカーさんですね。
確認できる品番は「QCY-T1」です。かなりシンプルなパッケージですね。

が、Gearbestでは「QCY-T1S」という型番が売られています。もしくは「QCY-T2C」です。どちらも同じとのこと。

QCY-T1S

見た目が違います。
ケースにカバーが付いています。カバーなしもシンプルでよいですが、カバーがあると、携帯性と安心感がよいです。
その他に、充電口の位置も変わっています。

見た目が「QCY-T2S」に酷似していますが、ワイヤレス充電には対応していないようです。。

QCY T2C / T1S TWS Bluetoothイヤホンバイノーラルワイヤレスイヤホン – ブラック
GEARBESTで見てみる
GEARBEST

この投稿執筆のタイミングで、本体2,639円 + 送料946円です。
Amazonより安いですね。

QCY T1C Mini Bluetooth 5 0 Wireless Music Earphones – Gearbest.com

快適に使える

バイオリン

小型軽量で、音質にも文句はありません。
いい感じに使えるイヤホンだと思います。

通話はまだなので、マイクの感じは分からないですが。
Googleアシスタントは使えたし音声入力もできているので、問題ないでしょう。
きれいにまとまっていると思います。

ペアリング

充電済みのイヤホンをケースから取り出し、左のイヤホンのライトが点滅している状態で、スマホでペアリング操作です。
ごくごく一般的な使い方です。

ケース

ケースの磁力は強めだと思います。しっかりくっつきます。

ペアリングの相手は、UMIDIGI F2(Android 10)です。

ケースカバーなしタイプ(QCY-T1)の説明童画があります。
「QCY-T1S」とは、充電ケーブルの位置が前後逆です。
イヤホンの左右に関しては説明が合っていますので、充電ケーブルのところだけ無視でよいです。

QCY T1 完全ワイヤレスイヤホン ペアリング方法( QCY-T1 )

ステレオモードで使いますので、モノラルモードはあまり気にしていません。

リセット方法は、いずれ必要になりますので認識しておきましょう。
ボタンを押し続け、推し続け、電源が切れた状態にします。
その後、ケースに戻さずに電源オンです。

操作方法

ピアノ

イヤホンには、左右それぞれボタンが付いています。
ボタンは1つで、押し込むタイプです。
ステレオモードでの操作方法です。

  • 右ボタンクリック: 再生/一時停止
  • 左ボタンクリック: 再生/一時停止
  • 右ボタンダブルクリック: 曲送り
  • 左ボタンダブルクリック: 曲戻し
  • 右ボタン長押し: 電源オン/オフ
  • 左ボタン長押し: 電源オン/オフ

曲の送り、戻しの時だけ、左右に意味があります。
右で一次停止し、左で再生ということが可能です。

タイムリーに聴ける

SBCコーデックなので遅延が気になるかと思ったのですが。
そこまで遅れた感じがありません。

サックス

YouTubeとAmazonプライムビデオで確認しました。
違和感はしょうがないのですが、許容範囲内だと思います。
apt-Xとの差も、そこまで大きい感じがないのです。
どうしたことでしょう。。

スマホ側での補正が強いのか。Android 10 の進化(真価)でしょうか。
感覚に慣れてきてしまったのかw

しっかりした音質

使ってみた感じでは、音質に違和感はありません。
耳はあまりよいとは思いませんので多くは語りませんw

Amazonプライムミュージックで音楽を聴いて、普通に問題ないです!
クラシック、ジャズ、J-POP、トランスなどなど。

コンパクトで目立たない

ケースの大きさもですが、T1S本体の大きさがコンパクトです。
これが魅力のひとつだと思います。

手持ちの小型ケースイヤホンは、耳から黒い棒が飛び出します。

それはそれで、持ちやすいなどのメリットはあるのですが。
見た目にほぼ目立たないほどの大きさというのは魅力的です。
小型で、どこかに行ってしまうかというところで心配ではありますw

QCY-T1S / QCY-T2C

小さいながら、ボタンが付いていますし、LEDも点灯しますし、マグネットで充電器に貼りつきいて充電できます。
ちゃんとLとRの刻印もありますので、左右を間違えることはないでしょう。

中国語しかないが

問題点と言えば、マニュアルや表示関係が、ひたすら中国語です。
難しい。。というか読めません!w

英語は少しだけ書いてあるのですが。
中国語をまったく勉強していませんので、調べ方から分かりません!
商品紹介ページで学ぶしかないですね。

パッケージ裏面

ペッケージの裏面に、中国語と英語が併記されているだけ。。

イヤホンなので、複雑な使い方はペアリングくらいでしょう。
動画での説明があるので問題ありません。(前後は違いますがw)
ボタンのクリックは、やってみれば分かります。
上にも書きましたし。

並行輸入品なので、そもそも補償などあってないようなものですしw
大丈夫ですよw

満足度は高い

期待どおりのコンパクトさです。
あとは、バッテリーの持続時間がどれくらいになるかです。

カタログスペックだと、イヤホン単体で4時間です。さらにケースのバッテリーで8回充電可能です。
合計32時間使用できるということになるのです。
通勤や通学で利用するとしたら、往復2時間程度の音楽再生で、3週間ほど持ちそうな計算です。
どうでしょうか。充電を忘れますね。。w

充電口

micro USB 充電。

重電は、micro USB です。

とにかくイヤホンが目立たないというところは魅力的です。
そして、覚悟していたよりも音ズレがないところがよいです。
本体価格と機能はつり合っていると思います。
4,000円しない程度のコストでこれなら、満足できると思います。

QCY T2C / T1S TWS Bluetoothイヤホンバイノーラルワイヤレスイヤホン – ブラック
GEARBESTで見てみる
GEARBEST

Gearbestでの買い物は、クレカかPayPalで可能です。アプリがあると便利です。

最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました