Windows 11版 PCをリセット(初期化)する(回復です)

Blog Admin
Blog Admin

Windows 11 のパソコンをリセットします。
工場出荷時の状態にしたいというお話です。

回復

回復

初期状態にもどすわけです。
ローカルに保存済みのファイルやアカウント情報など、すべてクリアして、まっさらな状態でWindows 11 を再開させるための手続きです。

「回復」という行為です

初期状態に戻すと、リセットするとか、そういった行為です。
まとめると、マイクロソフト社では「回復」ということになります。

PCをリセットする」という項目が設定内にあります。
手順は以下です。

リセット手順

設定 → システム → 回復 → PCをリセットする

回復
回復

メニューをクリックすると、ちょっと雰囲気の違う画面が出現します。

回復かリセットか

まずは、ローカルのファイルを残したままOSのみを再インストールするのか、ローカルファイルなどをすべて削除してPCをリセット状態にするのかを選択します。

オプション選択
オプション選択

これらの選択は、それぞれキャンセルできます。
キャンセルすると最初からやりなおしになります。

OSはローカルから

OSの再インストール元を選べます。
クラウドのほうがよさそうですが、有線LANが繋がっていないと無理とかいったことなのでしょう。
Wi-Fi環境のPCでは、選択後にエラーになりました。

再インストール方法
再インストール方法

「ローカル再インストール」でその先に進みましょう。
OSクラッシュなどでなければ問題ないでしょう。

追加の設定はよく分かりませんでした。

追加の設定
追加の設定

ただ、追加で何かしたいわけでもなかったので、特に何もせず次へ進みました。

「リセット」です

この先どういうことが起こるのかという説明書きが表示されます。
よく読んでから、リセットです。

リセット準備完了
リセット準備完了

ちなみに、個人用ファイルを残すのであれば、OSのリフレッシュのようなものです。
「回復」ということばがしっくりきますね。
設定の表現方法は難しいです。

リセット指示後もしばらくはキャンセル可能

リセットボタンを押してからしばらくの間は準備中ステータスです。
この間ならキャンセルできます。

リセット開始
リセット開始

準備が終わると再起動が始まります。
そうなってしまったら、もう後戻りはできません。

Windows 11 の初期画面

リセット処理が完了したら、Windows OS の初期画面が表示されます。
言語選択からですね。

10のときのイメージから比べると、「白い」という印象を受けました。

ふだんダークモードだからでしょうかw

Windows 11

リセット後のアカウント設定などは、画面の指示に従えばよいでしょう。
マイクロソフトアカウントのIDとパスワードはあらかじめ控えておきましょう。
(ふせんに書くとかいったことはしないように!w)

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Windows PC
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました