【Xiaomi Mi A3】AIカメラテスト「夜景モード」 Part 2

「Xiaomi Mi A3」を使っています。ミドルハイクラスで、トリプルカメラを搭載したAndroid One端末です。
カメラ機能にはメーカーのこだわりがあるようで、「AIカメラ」という言葉を推しています。

「夜景」モードがすごい!

少し前にも書いたとおり、せっかくの端末を宝の持ち腐れ状態でした。。w
なんともったいないことだったのか。

今回、かなり使えることがあらためてよくわかりました。
どんどん夜景を使っていこうと思います。日中帯に使ってみても面白い気がしています。

Xiaomi Mi A3 のカメラ

「Xiaomi Mi A3」は、ミドルクラスのSIMフリースマホ(Android One)です。
その中でも、トリプルカメラを搭載していることがひとつの特徴です。
価格や見た目は、Huawei P30 lite と同等クラスと考えられますが、カメラ性能を数字で見ると、圧倒的にMi A3のほうが上です。
48MPの通常カメラに加えて、深度計測用のモノクロカメラと、視野角118度でF値2.2の広角カメラを登載しています。

トリプルレンズ

Mi Global Home

紹介ページでは「AI」を謳っていて、カメラ性能にはかなりこだわった模様です。

標準のカメラアプリを起動すると、ビデオが2モード(ビデオ、ショートビデオ)、静止画が5モード(写真、ポートレート、夜景、パノラマ、プロ)準備されています。
広角カメラを使う場合は、それぞれのカメラモードにて、倍率の「0.6」を選べばよいのです。(モードによっては選べません。夜警では選べません。)

わざわざ「夜景」が準備されているわけです。
自信があるに違いないのです。前回使ってみて、そう確信しました。

暗い中でも手振れしない

実際に撮影してみると、手ぶれがかなり抑えられていることがわかります。
それと同時に、十分な明るさも確保しているのです。
よいバランスだと思います。

夜景モード

夜景モード

通常モード

通常モード

夜間の撮影テストです。同じくらいの場所から、通常モードと夜景モードで撮影しました。
違いは明らかだと思います。

夜景モードでは、風景全体が明るくはっきりとしています。
通常モードでは、夜景モードに比べると暗く、手振れてしまっている感じです。

一目瞭然で、夜景モードの勝利でしょう。

夜景モード

夜景モード(前回)

通常

通常モード(前回)



撮影には少しだけ時間を要する

夜景モードでの撮影では、シャッターボタンを押すと、ボタンのまわりにゲージが表示され、処理しているような見た目になります。
おそらく、この時間の間に動画のようなかたちで情報を溜め込み、各種調整の上で、写真として完成させているのでしょう。
この処理を「AI」と呼んでいるのだと思います。

ド 国立オリンピック記念青少年総合センター スポーツ棟

ド 国立オリンピック記念青少年総合センター スポーツ棟

情報をカメラから取り込む時間は、1秒もありません。
ですが、通常モードのような一瞬でもありません。
1秒弱と思われる時間の間は、なるべくカメラを動かさないようにしておきます。

小田急線 参宮橋駅

街中の撮影ですと、ある程度の明るさがある状態が多いですね。
かなり暗い状態でどうなるのか、引き続きあちこちで試してみます。

速く動くものの撮影も楽しい

お気づきかもしれませんが、プールの帰りの道すがら、いろいろと撮影しております。
夜10時近い時間なので、人が少なくてよいのですw

小田急線の参宮橋1号踏み切りを渡ります。
そのときに、通過する電車を撮影しました。

参宮橋1号踏切

参宮橋1号踏切

遮断機はきれいにはっきりと写っていて、電車は動きのある感じに仕上がりました。
予想どおりの画が撮れて、ちょっと楽しくなってしまいました。
参宮橋駅に停車する新宿方面の電車だったので、そこまでスピードは出ていなかったと思います。
まるで高速で通過していくような仕上がりです!

昼間にもやってみようかと思います。
ひょっとしたら、動くものはそれとして認識しているのかもしれないと考えています。
どれほどのAIなのでしょう。興味深いです。

予断ですが、このあたりは新海誠監督の『秒速5センチメートル』の舞台になっていたと思います。
昼間の桜と電車の感じがきれいでしたね。

wnkhs.net BlogAdmin
この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、毎月何かしら買っております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンと、Pocket WiFiを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Android端末
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

  1. SEIYA より:

    初めまして!先日Gearbestにて2万程にて購入(今1.8万位)
    カメラが気になり購入したんですが・・・アウトカメラは48MPも有りかなり良い感じです。
    問題はインカメラ32MPも有るから期待したんですが、ピントが少々甘い感じが・・・そして赤系強い様な。
    動画も撮ってみましたが、歩きでの撮影で手振れ補正まったく機能せず!スタビライズ必至。
    アプリのアップデートで何とかなるのでしょうか?

    これからもXiaomi Mi A3の記事楽しみにしております。(新製品が次々だから難しいですかね?)

    • Blog MasterBlog Admin より:

      コメントありがとうございます!
      インカメラはそのような状態なのですね。
      ほとんど見ておらずで(笑)

      まだまだ試せていないことがありますので、いろいろやってみて、投稿していくつもりです。
      お楽しみいただければ何よりです!!

タイトルとURLをコピーしました