画面コピーはWindows 10 標準の「Snipping Tool」や「切り取り & スケッチ」なら無料で簡単

画面コピー(スクショ: スクリーンショット)を取得するときには、Print Screen(「Prt Scr」など)ボタンを使っていますか?
必要な場所だけ切り出すためには、その後、ペイントなどのソフトウェアで加工しているのでしょうか。
Windows 10 には、必要な範囲だけの画面コピーを取得できるツール2つも備わっています。「Snipping Tool」と「切り取り & スケッチ」です。

切り取り & スケッチ
or
Snipping Tool

標準機能なので、アプリの導入もなければお金もかかりません。
無料です!

どちらも簡単に使えるので、利用方法など備忘録です。

スクショの取得はアプリが便利

Windows 10 version 1903

Windows 10には、画面コピーとかスクリーンショットとかいったものを取得するために、いくつかの方法が用意されています。
大きくは2つで、キーボード操作とアプリ操作です。

ここではアプリ操作の方に重点を置きます。
以下の2種類が、標準機能で用意されています。
つまり、Windows 10を買ったら、以下2つのアプリは追加費用なしに使えるのです。

  • Snipping Tool
  • 切り取り & スケッチ

アプリの画面を見る限り、「切り取り & スケッチ」に寄せていくような印象です。

ショートカットキーでサッと起動

「切り取り & スケッチ」アプリは、ショートカットキーで呼び出せます。
画面全体が暗くなって、画面上部にバーが表示されたら、マウスなどで範囲を指定するだけです。

Snipping Tool アプリ

Windowsキー + Shift + 「S」

スクショ画像はクリップボードに格納されます。
併せて、通知センターにも出てきますので、画面右下にメッセージが表示されたら、クリックすればアプリ画面が立ち上がってきます。

マウスとキーボード

必要な操作を他のアプリで行いたい場合は、そのまま、任意のアプリで貼り付け操作です。

簡単ですね!

もちろん、アプリを起動して「新規作成」からでも使えます。
設定が変わってしまうなどではないので、まずは使ってみるとよいかと思います。

取得した画像をすぐに加工できる

「Snipping Tool」と「切り取り & スケッチ」では、取得した画像にメモなどを書き加えることができます。
アプリ画面に画像が表示されている状態で、上からフリーハンドで書けるのです。

Snipping Tool

メモを書き加えた後に保存すれば、必要な画像を得られることでしょう。

ペイントでも実現できますが、アプリの立ち上げの手間を削減できます。

「Snipping Tool」の起動は、検索バーにアプリ名を書き込むか、アプリ一覧の「Windowsアクセサリ」の中にあるアイコンをクリックするかです。

クリップボード履歴の活用もお忘れなく

Windows 10 には、クリップボードの履歴を残しておく機能があります。
標準です。

キー操作で呼び出せます。

Windowsキー + 「V」

履歴には、文字だけでなく画像も残ります。
いくつかの画面コピーを連続で取得しておいて、あとから順番に貼り付けるといった活用も考えられます。
作業が効率化できますね!

キーボード操作との使い分け

キーボード

以下のような画像を取得する場合には、キーボード操作のほうが簡単できれいです。

  • 画面全体のスクリーンショット: 「Prt Scr」キー
  • アクティブウィンドウのスクリーンショット: 「Alt」+「Prt Scr」キー

画像はクリップボードに格納されます。
必要なアプリに貼り付けて、加工するとか保存するとかです。
もちろん、「Snipping Tool」や「切り取り & スケッチ」にも貼り付けられます。

また、OneDriveのスクリーンショットフォルダーにも自動保存できますので、活用できるところです。

wnkhs.net BlogAdmin
この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、毎月何かしら買っております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンと、Pocket WiFiを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Windows PC
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました