Amazonは返品もアプリで処理が早くて便利でした(複数商品も1パッケージでOK)

少し前の話題ですが、Amazon Echo Show を買って、直後に激安セールになったので、先に買った方を返品しました。
期日が迫っていないからと、怠慢になって、まあまあぎりぎりになりましたがw
ただ、手続きはアプリで操作したら、伝票を印刷して、印刷物を同梱して送り返すというシンプルなものでした。

Amazon 返品

なにぶん初めてのことだったのです。
不良品に当たったことはありあしたが、返品不要で新品配送だったのです。

しかも今回は2品を返品することになり、少し迷いました。
ゆうパックの伝票をネットで作成できるサービスも便利だったので。
備忘録です。

返品は即日処理されたようです

商品を返送してから、市川の倉庫までが恐らく1日といったところでしょう。
到着後、すぐに確認してくださったようです。
返品伝票も入れましたので。
バーコード処理ですよね。

返品完了

ステータスは「返品完了」になりましたので、クレジットで返金が入るはずです。
これも、ポイントで返してもらうか、クレジット返金するか、選べます。

ポイント返金すると、Amazon口座でした使えませんので、ちょっと不便かと思いつつ、どうせ使うだろうという話もありw

いずれにしても、ステータスがすぐに変わったことには驚きました。
分かりやすくてよいです。

事前手続きはスマホだけで可能

返品の申し込みは、スマホのアプリで可能です。
その後、返品伝票を印刷、同梱して、商品を送り返します。

返品商品が複数の場合には、該当の返品伝票(バーコード付きの紙)を同梱すれば、1箱に複数商品を入れてしまって問題ありません。

コンテナ

このあたりのルールは、返品のところにしっかりと書いてありますので、よく読んでおくとよろしいかと。

PDFファイルがあれば、コンビニのプリンターでスマホから印刷できます。
つまりは、スマホさえあれば、返品処理は可能なのです。
返品伝票を印刷する際には、1枚目だけで大丈夫です。
2枚目はただの説明文なのです。画面で見れば済む話です。

印刷代がもったいないので。。w

箱に入れるものが揃っていれば大丈夫

Amazonでの注文が連続していたので、箱も緩衝材もそれなりにありました。
よさげな箱を見つけたので、パッケージに戻した返品商品を詰めて、緩衝材も詰めて、返品伝票を入れて、郵送です。

入るものならば、レターパックでもよかったです。。

ポスト

今回は郵便局から、ゆうパックで送り出しました。
ゆうパックは、専用サイトで送り状を印刷できます。
ゆうびんIDが必要だったり、カラー印刷必須だったりと、やや面倒ではありますが。
手書きは嫌なので、事前に準備して、梱包済みの箱を持って郵便局へ行きました。

とても親切に対応してくださってありがたかったです。
閉店ギリギリだったのですがw

返送費用はこちら持ちですが

不良品などではなく、手前勝手な理由で鵜の返品です。
返品用の配送料などなどは、元払になります。
さらに、今回は返品伝票をコンビニで印刷しましたので、10円が乗っかります。

これで損益分岐点が計算できますね。
返品してまで買い直すかどうかという判断は、配送料がポイントです。

ショッピングカート

通常料金でしたので、9,980円で買いました。
その後のセールでは、4,980円でした。(← 今はこれが生きています。
返品の費用は720円でした。

ということで、差額分4,280円分は損していないということですね。
少しだけ気持ちが救われた気がしますw

最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!
この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
お買い物
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました