USB-Cで映像出力したい!(規格に対応したケーブルが必要)

Blog Admin
Blog Admin

モバイルモニターがあります。
映像出力と電源を別ケーブルで運用するのは手間です!

USB Type-C
映像出力!

USB-Cケーブル1本で、映像出力と電源供給が可能です。
仕様が大事です。
規格に対応したものを選びます。

さすがにお値段がまあまあなのです。

USB-Cで映像出力

USB Type-Cは、HDMIケーブルのような映像出力が可能です。
オルタナティブモード(Alternative Mode)といいます。

下川ロゴ部

モバイルモニターを持っていますので、ここに映像出力したいのです。
また、USB-Cでの電源供給も可能です。
電源用ケーブル映像用ケーブルを使っているところから、両方を1本化することが狙いです。

安いケーブルだと映像出力に対応していません。
しっかりと対応規格を見極めねばです。
その分お支払いは必要です。必要経費ですね。

USB-Cの充電機能

映像出力は別にして、電源供給の規格があります。
複数あってややこしいのですが、最近では、PDとQCに対応していればよいかと思っております。

今回の選定ケーブルも両方対応です。

ついでに、スマホのメーカー各社が独自の高速充電規格を持っているのですが、これらは無視です!
規格乱立は消耗戦ですよね。。

共通規格にしていただきたいものです。

Power Delivery (PD)

パソコンやタブレットを稼働させることも想定した、100W給電が可能な規格です。
手持ちのパソコンだと、ChromebookはType-Cで給電です。

iPadやMac Bookなどもこの規格なので、持っていて損はないでしょう。

Quick Charge (QC)

Androidスマホの対応規格です。
高速充電のためのものです。
バージョンが複数あって困ったものです。。
一応、最上位バージョンは、旧版への互換性を確保してくれています。

プロセッサを供給しているQualcomm社が取りまとめてくれている規格ですので、みなさんこれに乗っかっていただけるとよいのですが。。

規格対応で探すが

ショッピングカート

Amazonで検索をします。
規格名を入力してみても、対応していない商品が引っかかってきます。
困ったものです。

商品ごとに規格はしっかり記載されているので、じっくり確認するしかないです。。

書いてあるところがバラバラで。。
大変ということもあって、ある程度の時間で断念しました。
自分の時給を考えて、そこまで差があるとは思えなかったのです。
最終的に行き着いたのが、こちらの商品でした。

iVANKY Type C - Type C ケーブル【映像出力/USB 3.2 Gen 2】60W/3A PD/QC/AFC 高速充電 10Gbpsデータ転送 1.0m
iVANKY Type C - Type C ケーブル【映像出力/USB 3.2 Gen 2】60W/3A PD/QC/AFC 高速充電 10Gbpsデータ転送 1.0m
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3rmGKhu

1.0mのケーブルが1,199円です。

1本ですっきりです!

このケーブル1本で、映像と電源を供給してくれます。
外部電源ではないかたちをとるので、PC側のバッテリー残量に注意が必要です。
これはケーブル2本のときと同じです。
モバイルモニターは、外部電源供給も洗濯できます。2本のスタイルなら、電源は外から得ることも可能ではあるのです。

今回は1本ですから、選択肢なしで、PCのバッテリーからモバイルモニターを稼働させながら、映像出力です。

持ち歩くものが少なくなりますし、ケーブルの取り回しもすっきりです。
いい具合に活躍してくれます!

iVANKY Type C - Type C ケーブル【映像出力/USB 3.2 Gen 2】60W/3A PD/QC/AFC 高速充電 10Gbpsデータ転送 1.0m
iVANKY Type C - Type C ケーブル【映像出力/USB 3.2 Gen 2】60W/3A PD/QC/AFC 高速充電 10Gbpsデータ転送 1.0m
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3rmGKhu
この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、毎月何かしら買っております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンと、Pocket WiFiを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
その他のIT機器
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました