OneDriveからファイルを削除したい!

Blog Admin
Blog Admin

OneDriveとフォルダーを同期していても、ウェブサイトでの削除が必須です。

OneDrive
ファイルの削除方法

OneDriveの容量がいっぱいだと通知が来ました。
自動アップロードしていた画像や動画は、先日整理したと思っていたのですが。。

削除の方法がよくなかったようです。

消したはずが復活していた

ノートPC

OneDriveが満杯に近かったので、カメラロールを整理することにしました。
スマホで撮影した画像は、自動アップロードでカメラロールに保存するように設定しています。複数端末で画像を共有できて便利なのです。

ところが、かなりの数が溜まってきますので、定期的な整理が必要です。
古い画像はAmazon Photoでのバックアップを確認して、パソコンのフォルダーで対象画像を削除していきました。

これでスッキリしたと思っていたのですが、すぐにOneDriveがいっぱいとの通知が来ました。

よく見てみると、苦労して選別し削除したはずのカメラロール画像は残ったまま。
消えていなかったのです!

OneDriveのサイトで消す

OneDriveのファイルが、パソコンのフォルダー操作では消せません。
OneDriveサイトにログインして、削除すると消せます。ごみ箱に移動しているので、ごみ箱を空にすることで完全削除です。

パソコンのフォルダーで見えているファイルは、キャッシュにあるようなイメージです。
ただ、移動は可能です。
リアルな同期ではないのです。

ローカルは一時置き場

パソコンのフォルダーで見えているファイルは、クラウドストレージ側から仮ダウンロードされているようなものです。
いっとき置いておくことで、呼び出しをスピーディーにしているだけです。
マークを見るとわかります。

ノートパソコン + モバイルモニター

パソコン側をローカル、OneDriveサーバー側をクラウドと呼びます。

ローカルPCは複数台ある前提なので、AとBがあることにしましょう。それぞれ、OneDriveとフォルダー同期している状態で考えます。

追加、コピー、移動は反映

アップロード

ファイルを新規追加したり、複製したり、名前を変えたり、移動したりは、ローカル情報がクラウドに反映されます。

Aのパソコンでファイルを追加すれば、Bのパソコンで確認できます。
Aのパソコンでファイルを移動すれば、Bのパソコンでは、移動元フォルダーからはファイルが消えて、移動先のフォルダーでファイルを確認できます。

削除は手元が消えるだけ

エクスプローラー

OneDriveに同期しているフォルダーでファイルを削除しても、ローカル側のデータが消えるだけです。
クラウド側のファイルは消えません。

Aのパソコンで消したファイルは、B のパソコンで引き続き参照や編集が可能です。

つまり、ローカルのフォルダー操作では、OneDriveのファイルは削除できないのです。

Googleとは考え方が違う?

クラウドストレージサービスでは、Google Driveが対抗馬でしょう。
フォルダーと同期して、ローカルファイルのように操作できます。

Google Drive File Stream のドライブ文字

Google Drive File Stream では、追加、変更、削除はリアルにクラウドストレージと同期されます。
フォルダーでファイルを削除すれば、クラウドストレージ側でも削除されるのです。
多少のタイムラグがあるとはいえ、リアルな同期です。

これが無料版と有料版の違いなのかどうかなど、検証中です。。

クラウド側での不便

ダウンロード

OneDriveサイトで画像を一覧すると、カメラロール以外の画像も出てきます。

サイトでは複数選択を範囲指定等で可能ではあるのですが。。
画像一覧には、日付でソートされて、カメラロールと他のフォルダーの画像が混合です。
他のフォルダーの画像は必要なのですよ。
うっかり範囲指定すると、必要な画像まで消してしまいかねません。

つまり、いっきに範囲指定できないのです。
労力がすごいです。。

『同期」ということばに注意

上に整理したとおり、OneDriveでは、フォルダーでのファイル同期が、完全なシンクロを意味するわけではないのです。削除のみ別扱いです。
マイクロソフト社の方言だと思うしかないでしょう。

設定関係を確認しても、それらしいものはありませんでした。

OneDriveをChromeで表示

フォルダーで削除したつもりが、なぜか容量変わらずで。むしろ増えていき。しまいには何が最新なのか分からなくなるという始末で。。

はっきり言って使いにくいことこの上ないですが、無料サービスですから、運用は合わせるしかないのです。
お金を払えば解決できるのかもしれませんし。
仕様変更を期待することにします。
Googleのようになって欲しいものです。

なんにせよ、削除はウェブで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました