【Windows 10】累積更新プログラム「KB4586853」をインストール(20H2)

Windows Update にて、「2020-11×64 ベース システム用 Windows 10 Version 20H2 の累積更新プログラム (KB4586853)」をインストールしました。
OSビルド 19042.662 です。
11月30日にリリースされています。

2020-11×64 ベース システム用 Windows 10 Version 20H2 の累積更新プログラム (KB4586853)

インストール時間と再起動の記録です。

実施環境は、Windows 10 Pro バージョン 20H2 です。
公式サイトには2004と併せて載っているので、内容はほぼ同じと思われます。

Windows 10 累積更新プログラム

KB4586853

Windows 10

本家サイトは英語のままです。
そのうち自動翻訳が反映されることでしょう。

ハイライトが8こです。
既知の問題への対応ばかりです。言い換えれば、バグフィックスですw
所要時間から考えて、軽めなのだと思っています。

KB4586853

今回は、.NET Framworkの更新が先行しました。
再起動を待機した状態で、ダウンロードしてインストールする指示を出すかたちです。

日本語が謎なのは察してあげることにします。
OfficeをMicrosoft 365にしているので、かつてのようなOffice系更新は来ないはずです。

Windows Update をチェックして、更新でした。
再起動が必要です。

所要時間

ダウンロードとインストールの所要時間の記録です。
全体の所要時間は、約13分ほどです。
片手間でしたので、同時にいろいろと後ろで動いていた状態です。

再起動待ち
再起動待ち

ダウンロードとインストールは、約10分ほどだと思います。
けっこう早く終わった印象です。

再起動は2分半です。前回よりも長いのは、.NET Framworkの更新もあるからでしょうか。

インストールの指示は、「ダウンロードしてインストールする」ボタンを押すやつでした。

今回の手元環境
  • CPU: Intel Core i5-8350U 1.70GHz 1.90GHz
  • RAM: 8.0GB
  • 外部メモリータイプ: SSD

更新プログラムのインストール手順

標準のとおり、Windows Updateで行います。
設定によるわけですが、放っておけば自動実行されます。
もちろん手動での実行も可能です。
呼び出し手順は、たとえば以下です。(方法がいくつかあるので)

Windowsメニュー → 設定 → 更新とセキュリティ

設定(1903版)
設定(1903版)

1903以降、ダウンロードとインストールの通知や指示方法が変わっております。
「今すぐダウンロードしてインストールする」のタイプと、「ダウンロード」ボタンだけのタイプがあります。

それらしいところをクリックすれば、更新プログラムの導入が始まります。

更新後の様子

特に何もなく稼働しております。
軽く終わってよかったです。
再起動は少し長めの部類だとは思いますが、早めに作業を再開できました。

更新中

OSバージョンは最新になっています。

短い時間で終わってくれるのはありがたいです。
お昼休みや帰りがけなどに指示して、世間話をしていたら終わる感じですね!

Windows 10 累積更新プログラム

何か問題が発生しているようでしたら、教えていただければと。
コメントでもフォームでも、情報は歓迎でございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました