Windows 10 バージョン 20H2 リリース(今すぐ手動アップデート!)

Windows 10 を「Windows 10 Version 20H2(October 2020 Update)」にアップデートしました。
2020年10月21日にリリースされているものです。

しばらくすると自動配信されるものですが。
ここでご紹介するのは、ツールを使って今すぐインストールする方法です。
および、もろもろの所要時間の記録です。けっこう時間がかかりました。

Windows Update での20H2更新は順番に提供されるので、早くアップデートしたいとか、自分のタイミングでアップデートしたいという方向けです。

実施環境は、Windows 10 Pro です。(Homeも同じです。)

Windows 10 累積更新プログラム

Version 20H2

Windows 10

情報収集できていないということもありますが、新機能がよくわからないバージョンアップです。。
設定の見た目は少し変わった気がしています。

また、Edgeが新しくなったようです。
何が新しくなったかはわかりませんが。。w
アイコンが出てきていました。

もちろん他にも更新されているのでしょう。
詳しくはWikipediaで確認するとよいかと思います。

所要時間

ダウンロードとインストールと再起動の所要時間は、約3時間です。
実測値です。
前回の大型アップデートに比べると、ずいぶん長い印象です。

20H2

今回のバージョン名は「20H2」です。
本来は、2020年10月なので「2010」なのですが、Windows ServerやOfficeのラインナップなどと被ってしまいますからね。

ダウンロードとインストールの実測値は、約2時間40分です。
ずっと64パーセントで止まっていた印象です。。

再起動カウントダウン

再起動の実測値は、約20分です。
累積更新プログラムなどと同じような再起動です。

その後、初回ログイン後に「こんにちは」の画面になります。
「これには数分かかることがあります」などの表示が約5分です。

手元環境は以下のとおりです。

  • プロセッサ: Intel(R) Core(TM) i5-8350U CPU @ 1.70GHz 1.90 GHz
  • 実装 RAM: 8.00 GB (7.84 GB 使用可能)
  • システムの種類: 64 ビット オペレーティング システム、x64 ベース プロセッサ

システムの情報をコピーできるようになりました。

まず「Windows 10 のダウンロード」ページに行きます。
「今すぐアップデート」をクリックして、更新アシスタントをダウンロードします。

サイト
Windows 10 Upgrade

ダウンロードした「Windows10Upgrade9252.exe」を実行します。
ファイル名は以前のものと同じですが、内容が異なっています。最新版を入手してください。
exe実行には管理者権限が必要です。

アシスタントが起動したら、その後は画面指示に従って進んでいけば、処理は終わります。
再起動待ちになるまでは、並行作業が可能です。

互換性確認

ここでの停滞は長かったです。
次の63パーセントも長かったです。。

62パーセント

再起動指示すると、もう1クリック要求されます。
これは放っておいてしばらくすると、そのまま再起動が進みます。

再起動の指示直後

再起動後の初回ログインでは、「こんにちは」画面になります。

更新後の様子

問題はいろいろと報告されているようではありますが。
致命的なものはないでしょう、という楽観的な考え方です!w
結果、特に問題はありません。

バージョンアップ後

バージョンが最新化されています。
20H2」です。

上にも書いたとおり、Edgeは新しくなったはずです。
デスクトップにショートカットアイコンが作成されていました。

検索の見た目も変わったと思います。

ヒント

結構な時間をかけてアップデートされていますので、あちこち変わっているはずです。
少しずつでも、何が変わったか見ていきます。

Windows 10 累積更新プログラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました