ZenWatch3でマップの現在地が更新できなくなった件

Android Wearでも、Google Mapは標準搭載です。
当たり前のことですねw

ある日突然、現在地が更新されなくなりました
状況の発生条件も見えたので書いておきます。

発生事象

マップ起動後、ずっと同じところを現在地としてマークして、「現在地を検出しています」というメッセージが表示されます。

電話側(親機のデバイス)ではマップもナビも普通に使えていて、写真や天気やインスタの場所情報も正しそうに見えます。
時計側でも、天気はちゃんとしているようなそうでないような眺めで。。

しばらく放置したら治るだろうと思っていたら、3日経っても状況変わらずで、ちと悩みました。

状態確認と解決の糸口

とりあえず時計のスペックを確認して、GPSは搭載しておらず、そのため現在地情報の取得は電話頼みなのだと分かりました。
電話との通信に何らかの問題があるということですね。

さらにデバイスをいじいじしていたら、なんだかBluetoothが怪しそうだと分かってきました。

時計と電話がWiFi通信のみの状態になっていたようです。
現在地情報のやりとりはBluetoothを用いるようなので、迷子状態が続いていたということですね。

たしかに、電話側の状態を確認すると、Bluetoothで接続ていないように見えるのです。。
切った覚えはないのだが。。
しかも再接続できないような状態でした。。

Bluetooth接続が切れたことと、再接続できないことが問題です。
これらを解決するか、対策できればよいわけです。

対応

最初にやったことは名前変更でした。
なんとなく上手くいったので安心していたら、翌日また、迷子状態になりまして。。
検証したら、状況が見えてきました。

暫定対応1: 名前の変更

今回は、双方の名前を変更しました。

電話側は、設定内のBluetooth画面で、右上の点々をタップして「この端末の名前を変更」からです。
購入時のデフォルト設定「RAIJIN」から変更しました。ひょっとして、この名前が他人と被っていて混迷の一因になっていたのでは?と思っていました。

時計側は、電話側の設定内のBluetooth画面、つまりは上記と同じ画面で、対象機器の歯車アイコンをタップです。
デフォルトでもユニークになるような番号が振られています。これも、管理下になるように意図する名前に変更です。

名前を更新したら再接続できたようで、Google Mapは、元気に現在地を指してくれました。

暫定対応2: 設定の変更(今ここ)

この対応で、いったんは大丈夫です。
現状での根本対応です。

  • 時計の「設定」 → 「Bluetooth」にて、「スマートフォンオーディオを時計で再生」を「On

時計のBluetooth設定

上記設定なら、ECOモードからの復旧時に、ちゃんとBluetooth接続できています。
デフォルトはOnのはずです。設定を触っているときにOffにしてしまったようです。こんなところで苦労することになるとは思いませんでしたw

事象発生条件

検証の結果、ECOモードからの復旧の際、以下の条件で今回の事象が発生します。

  • 時計の「設定」 → 「Bluetooth」にて、「スマートフォンオーディオを時計で再生」が「OFF」になっている

この状態でECOモードにすると、当然、BluetoothとWiFiが「Off」になり、タッチも無効になります。
ECOモードからの復旧時、WiFiは正常に接続できますが、上記設定のBluetoothは再接続できなくなりました。

もう一つの対応

ECOモードを使わなければよいです。
ただこれだと、せっかくの節電対策や機内モードへのショートカットが使えないので、あまり現実的ではありません。

頻繁に充電できるなら検討もありです。

根本対応: ASUSでの対応

上記はあくまでも目先の対策です。
ということで、ファームウェアアップデートでの対応に期待しております。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Android端末ウェアラブル端末
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました