計測ミスもありつつ両腕でよかった(プールスイミング 1,650m)

Blog Admin
Blog Admin

プールでスイミングしてきました。
2020年11月25日の記録です。
腰痛のリハビリを継続中です。すぐには治らないですね。。

プールスイミング
2020年11月25日

「Huawei Watch GT」と「Xiaomi Mi Smart Band 5」での計測です。
細切れ計測にしましたが、きれいに記録できました。1回ミスがあり、やはり慎重さが大事です。

新型コロナウイルス騒ぎの最中ですが、国立オリンピック記念青少年総合センターのプールはオープンしております。
涼しい時期ということで、お客さんは少なめなのだと思いました。
一般エリアが3コース確保されていました!

今回の装備

デバイス関係は皇居ランと同じです。
いわばいつもどおりというわけです。

スイミングウェアは、ハーフパンツスタイルの水着を使っています。
そのような人はいつも一人だけです。

デバイス

バンド
Xiaomi Mi Smart Band 5

携行していたデバイスは以下のとおりです。

  • 左腕: Huawei Watch GT
  • 右腕: Xiaomi Mi Smart Band 5

国立オリンピック記念青少年総合センターのプールには、もちろんスマホは持ち込めません。
デバイス単体での計測です。

プールは25mの限られた範囲ですので、計測は比較的簡単そうに思うのです。
技術的にはどうなのでしょう。

スイミング装備

公共のプールですので、水着に加えて、帽子必須です。
水着はしまむらで買いました!

デバイスを持ち込む際はカバーで覆うことになっているので、ダイソーで購入したリストバンドを着けています。
加えて水中メガネです。Amazonで安く買いました。

バスタオルもあって、荷物が多くなるのですよね。。

COVID-19騒ぎのせいか、脱水機を使えないのが辛いです。
塩素が隅々まで浸透しているでしょうから、感染症リスクは低いように思うのです。
しかも直前までいっしょの水に入っていたわけですし。謎です。。

今回の記録

ヘルスケアアプリ(HUAWEI)の記録と、Mi Fit(Xiaomi)の記録を載せます。
今回、記録の操作に関してはしっかりできたと思っています。
やらかしなしです。

プールは25メートルです。

1コースを往復しています。1コースごとの完泳コースです。
一般向けの開放部分を複数人で利用するかたちです。

長い距離を泳ぐようにしています。休憩の都度、記録を止めました。

「長い距離」と書いておきながら、やはりまだダメです。。
今回の距離は、100m + 250m + 350m + 250m +400m + 50m + 250m = 1,650mです。

Huawei Watch GT での計測ではミスしてしまいました。。

Huawei Watch GT

時計単独での計測です。
物理ボタンがついているので、リストバンドの上からでも、計測を一時停止させられます。

一時停止中はディスプレイロック状態なので、ミスタッチによる計測中止のリスクは低いと思います。ロック解除は、下のボタンを長押しです。

ヘルスケアアプリで出力できるレポートは、1パターンのみです。

Huawei Watch GT
Huawei Watch GT

400mの計測が抜けていました。
スタートしたと思ったのですが。。
再発するようなら対策を考えましょう。

アプリでは、片道ごとの詳細を確認できます。
ストローク数も記録されており、これを見ても信頼できる結果だと思います。
すべて自由形でした!(ちゃんと自由形で泳いでいました。)

今回は関係ありませんでしたが。
500mのタイミングで、振動して教えてくれます。

HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
Amazonで見てみる
https://amzn.to/2U2D59x

Xiaomi Mi Smart Band 5

Xiaomi Mi Smart Band 5(バンド)単体での計測です。今回、プールスイミングは初計測です。
プールでは、電話の機能に頼らずに計測ができます。
もともとそういう仕様です。

バンドは再起動しました。

Xiaomi Mi Smart Band 5
ファームウェアアップデート

ファームウェアアップデートがありました。

操作関係は複雑なのです。以前の投稿に詳しく書きましたが、やたらと操作が複雑なわりには、あっさりと計測終了してしまうのです。一時停止は考慮されていないのです。それもあって、長距離を計測するかたちをとるはずだったのですが。。

Xiaomi Mi Smart Band 5 ショート
Xiaomi Mi Smart Band 5 ショート
Xiaomi Mi Smart Band 5 ロング
Xiaomi Mi Smart Band 5 ロング

MiFitでは、ショートバージョンとロングバージョンを出力してくれます。

プールスイミングは、ワークアウト画面(ホーム画面?)に表示されるようになり、呼び出しやすくなりました。

Xiaomi Mi Smart Band 5
Xiaomi Mi Smart Band 5
GearBestで見てみる
http://gbe.st/302cCdc

両者の比較

比較する数字は、距離と消費カロリーです。
計測を分割しているので、それぞれで比較です。

距離

比較(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)
Huawei Watch GT300m200m350m250m50m150m
Xiaomi Mi Smart Band 5100m250m350m250m400m50m150m

重要なところでやらかしましたね。
なんということでしょう。

消費カロリー

比較(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)
Huawei Watch GT16kcal46kcal65kcal44kcal18kcal51kcal
Xiaomi Mi Smart Band 522kcal55kcal75kcal56kcal86kcal11kcal54kcal

Xiaomiのほうが消費しているように見えます。
400mを記録できていないのは辛いです。。

駐車場で検温します

メインのゲートを入って、正面の階段の中盤から、右側の駐車場通路に誘導されます。
駐車場内を一部区切って検温中です。

まだまだ継続中ですね。

案内表示はしっかり出ていますし、係の方の誘導もあります。

通路が寒いので注意

更衣室とプールの移動は、階段で2階層分くらいの距離感です。
COVID-19対策で、換気のために窓が開け放たれています。
行きはよいですが、プール後の水分たっぷりの身体で歩くと、かなりきます。。

正直、涼し過ぎて震えそうでした。

国立オリンピック記念青少年総合センター
プール

もう罰ゲームとしか思えませんでした。
ヒーターは稼働していたようですが、何の足しにもなっていませんでした。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました