【Windows 10】累積更新プログラム「KB4512508」をインストール(いつの間にか)

「2019-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム (KB4512508)」がインストールされていました。
OSビルド 18362.295 です。
8月13日にリリースされています。

KB4512508

自動で再起動していたことで発覚しました。
更新時間などの記録はありませんので、アップデートの事実を残しておきます。

環境は、Windows 10 Pro バージョン 1903 です。

KB4512508

本家サイトを見ると、まだ英語です。
機能改善と既知の問題があります。

概要が載っています。

Updates to improve security when using Internet Explorer, Microsoft Edge, Bluetooth, networking technologies, and input devices such as a mouse, keyboard, or stylus.

IE、Edge、Bluetooth、ネットワーク接続使用時と、マウス、キーボード、スタイラスペンなどの入力機器使用時のセキュリティー改善ということです。
いろいろと細かく書いてありますので、詳しくは本家サイトにて確認しましょう。



所要時間

ダウンロードからインストール後の再起動まで、昨晩の間に終わったようです。
ということで、所要時間は不明です。

KB4512508

更新の履歴が残っているので分かりました。

勝手に想像するに、本家サイトに書いてあることが少ないので、所要時間も短いのではないかと思いますw
影響範囲は広いのかもしれませんが。。

更新プログラムのインストール手順

標準のとおり、Windows Updateで行います。
設定によるわけですが、放っておけば自動実行されます。今回はこれです。
もちろん手動での実行も可能です。
呼び出し手順は、たとえば以下です。(方法がいくつかあるので)

Windowsメニュー → 設定 → 更新とセキュリティ

設定(1903版)

設定(1903版)

1903になってから、ダウンロードとインストールの通知や指示方法が変わりました。
分かりやすくなったと思います。

KB4505903

「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリックすると、更新プログラムのチェックがあらためて走ります。

その後の、ダウンロードやインストールの動きは、これまでどおりな印象です。



更新後の様子

累積更新プログラム適用後、パソコンは特に何もなく稼働しております。
むしろ調子がよいように感じるほどです。

直前まで、少し不安なところもあったので、今日あたりでアプデ確認しようと思っていたところでした。
渡りに船とはこのことです。

Windows 10 累積更新プログラム

wnkhs.net BlogAdmin

コメント

タイトルとURLをコピーしました