【Huawei Watch GT】気分転換にベルト交換(Quick Releaseは便利です)

クイックリリース(Quick Release)機構は便利ですね!
時計のベルトを簡単に交換できます。
スマートウォッチは、フェイスを手軽に変更できますので、バンドも手軽に交換できると、楽しいです。

Huawei Watch GT
ベルト交換

なお、Huawei Watch GT スポーツ のベルト幅は「22mm」です。
クラシックとは異なりますのでご注意ください。

フェイスもバンドも気軽に切り替え!

スマートウォッチでは、ウォッチフェイス(文字盤のデザイン)を手軽に変えられます。

ウォッチフェイス

ASUS ZenWatch 3

Google の Wear OS でなくても、複数のフェイスが実装されています。
Huaweiだけでなく、Xiaomiも然りです。

お手軽にフェイスを変えられるのですから、バンドも手軽に変えたいと考えるのは自然なことです。
フェイスの選択肢がなかったMi Band 3では、気分転換はバンドしかありませんでしたw

WATCH BAND

今回は、前から変えたいと思っていたHuawei Watch GTに合うバンド(ベルト)を探して来ました。
かなり印象が変わります!



クイックリリースが便利です

バンド交換の際には、クイックリリース(Quick Release)対応を忘れないことですね!!
皮ベルトでも対応しているものがあります。

本来は、細かいパーツをいじいじして交換するようですが、機構が組み込まれていれば、つまみをちょちょいっとするだけです。

クイックリリース

右向きと左向きとあります。
どちらでも大丈夫です。
規格は同じです。

今回も左右違っていましたが、ちゃんと交換できましたし、しっかりと固定されています。

素材選びは慎重に!

水泳

スマートウォッチのバンド(ベルト)を交換する際は、素材にも注意が必要です。
使用目的によって、向いているものとそうでないものがあるからです。

今回のようにスポーツ向け、特にプールでの使用を前提としているならば、撥水性が最重要事項です。
さらに、プールに持ち込む場合、金属製のベルトは危険なのでNGです。
そういうこともあり、シリコン製のものを選びました。

用途によっては、革製のものや布製のもの、さらには金属製のものなど、22mmの規格に合っていれば、選択の幅は広がります。
ウォッチフェイスのデザインと合うかどうかも考慮しながら、最適なものを選びたいものです。



仕事モードと遊びモード

お仕事のときには、お客様の社内にお邪魔することも多いわけです。
スマートウォッチを着けていくことに関しては、Huawei Watch GT は丸いですし、特に問題はないと思っています。

ただし、色は重要でしょう。

ベルト

ベルト交換

黒系統なら、あまり注意を引くこともありません。
業種によっては、目立つ色を見に着けたほうがよい場合もあるでしょうが、多くのビジネスシーンでは、黒、茶色、シルバーあたりが一般的でしょう。

今回購入したベルトだと、さすがにお仕事には向かないと思っています。
カバンの中に忍ばせておくか、仕事帰りに取り換えるか。

そういった意味でも、手軽に取り換えできて、パーツが飛び散ることもない、クイックリリースのベルトはすばらしいです。

wnkhs.net BlogAdmin
この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
ウェアラブル端末
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました