独立型イヤホンマイクでWeb会議に参加してみよう!

Web会議とかWebミーティングとか、オンラインミーティングが最近多いでしょう。
スピーカーから音出して、マイクで収音だと、けっこう音漏れが気になるところ。
で、有線のイヤホンマイクは線が邪魔!
無線のイヤホンマイク買うのか?って話。

Web会議にも音楽鑑賞にも
Bluetoothイヤホン

独立型イヤホンなら、線がなくてすっきり。マイクも付いてる。
ステレオだから音楽鑑賞にも使える。

パソコンのBluetooth機能とか、iPhoneとかスマホでも。
普通につながるからね。

取り回しも見た目もすっきり

在宅で仕事になると、同居人とかご近所さんへの配慮が必要。
うるさいとかだけじゃなくて、業務上の機密事項とかあるからね。

Web会議するならイヤホンを使う必要あり。
もちろんオンライン飲み会でもね!

線がないワイヤレスのイヤホンマイクのほうが、すっきりだし汚れないし。
メリット大きいでしょ。

線がない

Bluetoothで繋がる。
要するに無線。

線がないから、とにかくすっきり。
だいたいのものは耳に納まってるし。
イヤホンしたまま立ち歩ける。地味に楽。

QCY-T1S / QCY-T2C

Bluetoothだから、ほとんどのノートパソコンとかスマホとかが対応してる。
詳しくは自分の端末を調べないとだけどね。
イマドキなら大丈夫でしょ。

デスクトップには内蔵されてないことが多いかな。。

マイク内蔵

大概の独立型イヤホンには、マイクが内蔵されてる。
基本的にはスマホ向けで、音を聞くだけじゃなくて通話が必要だから。

片方にしか付いてないのもあれば、両方に付いてるのも。
てか、両耳仕様のほうが多いように見えるけど。
運用上の問題になるから、ここはチェックしておくこと。

QCY T2C / T1S TWS Bluetoothイヤホンバイノーラルワイヤレスイヤホン – ブラック
GEARBESTで見てみる
GEARBEST

片耳モードってのがある

バッテリー持続時間に注意だから。
運用は考えないとね。

片耳ずつ使えばいーんだよ。

上に書いた「QCY-T1S」の場合、バッテリーの持続時間は3時間。
実際にはそれ以上。

それなら、片耳ずつ使えばいい。
外からの音を完全にシャットアウトするわけにもいかんしね・
幸いなことに、左右どちらかでも使えるタイプ。
これもものによって異なるところだから、要チェック。

QCY-T1S

たとえば、先に右で3時間使う。
これで昼休みに突入。
休み中でも休み明けでも、右を充電しながら、左を使う。
充電時間は1.5時間。
左の充電が切れるころには、ちょっとお茶とかお手洗いとか。
それで右に交換。

ってなぐあいで左右を交互に使えばいい。
ケースのバッテリーだけでも十分に運用可能。

音楽鑑賞にも使うでしょ

Web会議だけにイヤホンマイクを準備するのもねぇ。。
好きな人はいーけどさ。

独立型イヤホンなら、もちろんステレオで音楽を聴ける。

小型な独立型Bluetoothイヤホン「QCY-T1S」はバランスがよく文句なし!(2千円台 on Gearbest)
Bluetoothの独立型イヤホン「QCY-T1S」(QCY-T2C)を手に入れましたので、レビューです。低価格(2千円台)でもよいバランスです。

しかも、ちょっと前の機種であってもいい感じの音質。
電車の中でも途切れないし。
スマホで音楽流してたら、着信の時にはそのままイヤホンのボタンで操作できて、しゃべれる。

耳元操作も慣れてしまえば楽なもんだ。

QCY T2C / T1S TWS Bluetoothイヤホンバイノーラルワイヤレスイヤホン – ブラック
GEARBESTで見てみる
GEARBEST

ウォーキングとかランニングとかの最中に使うと、周りの音が聞こえなくて危険なのです。
やめましょうね。
骨折するよw

最後まで読んでくださりありがとうございます!
よろしければ、ライターのTwitter(@SubShine_wnkhs)をフォローしてやってください。

最新情報をお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました