【iOS】アルファベットや数字はフリック入力しない運用でスマートに!

iPhoneでの日本語入力で、フリックは活用できていますか?
当ブログでは、iOS端末といえばiPod touchですが、キーボード入力関係はiPhoneと同じです。

日本語のフリック入力はできるようになったのだけれど、アルファベットや数字や記号は、フリック入力できないというお話を伺いました。
お問合せということでもなく、ご相談でしょうか。

iOSでの文字入力の考え方

結論としては、アルファベットや数字や記号は、フリック入力しなくてよいと思います。
英語キーボードを使えばよいのです。タップ数はさほど変わらないですよね。

ここでは、iOSでの運用の考え方と設定方法をまとめます。
キーボードは日本語10キー英語QWERTY2つだけで十分ですよね?
ローマ字入力とか絵文字とかは必要ないという立場です!

ちなみに、AndroidWindows 10 mobileでも考え方は同じです。
Androidは英語キーボードに数字も表示できるので、事情はさらに変わってきます。

まずはフリック固定に

フリック入力の例

同一子音行のア段が連続すると、フリックが楽。

フリック入力でキーボードを使うようになるためには、当然のことながら、慣れが必要です。
いきなり使えるものではありません。

そして、慣れるためには練習が必要です。
練習のためには、強い意志が必要です。
強い意志を維持するためには、強制力を活用しましょう。
逃げ道があると、そこに逃げてしまうのが人間の習性です。

フリックでしか入力できなければ、嫌でもフリック入力できるようになります。
断言します。絶対にできます。だって、それ以外やりようがないのですから。
さっさとやってしまいましょう。
今あるその意思を行動に移してしまうのです。
意外と簡単にできるようになります。

設定は以下です。

設定 → 一般 → キーボード → 「フリックのみ」をオン

フリックのみ

今すぐどうぞ。
「貴方の明日はいつですか?」ということわざ(?)がありますw

やらなければ、やれるようにはなりません。

スマホでの日本語入力をフリック固定にする方法(iOS / Android / Windows)
スマートフォンでもガラケーでも、12キー(10キー)での日本語入力が便利です。特にスマートフォンではフリック入力ができるので、日本語の入力はかなり便利です。どうせフリックしか使わないのですから、フリックのみのモードにしてしまいましょう!

文字入力の考え方

iPod touch

キーボードで入力するものといえば、主に日本語、アルファベット、数字、記号、絵文字といったところでしょう。
iOS端末を使っているのですから、ぜひともスマートに入力したいものです。
それぞれの入力方法は、以下の考え方でいこうと思います。

  • 日本語: 日本語10キーでフリック入力
  • アルファベット: 英語キーボード or 日本語から変換
  • 数字: 日本語キーボード or 日本語から変換
  • 記号: 英語キーボード or 日本語から変換
  • 絵文字: 日本語から変換

絵文字だけは、かなり好みがあると思います。
一覧で見たいというニーズもあるでしょう。
ここは慣れや好みで決めればよいと思うのですが、慣れるためには練習が必要ということをお忘れなく。

日本語入力

書

日本語キーでのフリックのみです。
ローマ字入力など不要です。50音キーボードも要りません。

既述のとおりにフリック固定にして、慣れていきましょう。
苦労したとしても、最初の2~3日くらいのものです。

キーを押していれば答えは表示されます。

それに、もうすでに少しはフリックを使っているのではないでしょうか。
きっと大丈夫です。

アルファベット入力

ここでいうのは、あくまでもアルファベットです。
英語ではありません。

英語キーボード(「English(US)」など)で打ってしまえばよいのです。
フリック入力する必要はありません。
こんなもの覚えられません。

アルファベット(日本語キーボード)

フリック入力するためには、アルファベットボタンをタップする必要があります。
それならば、キーボードを切替えても同じことです。(詳細は後述)
タップ数は変わりません。

CATEGORY

フリック入力の目的のひとつは、タップ数の削減です。
表示を切替えるためのタップはいずれにしても必要なのですから、キーボード切替えでよいのです。

または、日本語からも変換可能です。
「えー」と打てば、変換候補に「A」が現れます。
全角も半角も出てきますので、確定したいほうをタップすればよいのです。
やはりタップ数は大して変わらないはずです。

ちなみに、英語(の単語や文章)を入力するなら、英語キーボードを使います。
グライド入力という方法があります。

数字入力

日本語キーボードで数字モードに切替えればよいです。
タップ2回です。

数字(日本語キーボード)

あるいは、日本語からの変換も可能です。
「いち」と打てば、変換候補に「1」が現れます。
全角も半角も出てきますので、確定したいほうをタップすればよいのです。

半角数字をたくさん打つなら、英語キーボード(「English(US)」など)で打ってしまってもよいです。

連続で何文字打つかで判断しましょう。

記号入力

iPod touch

英語キーボード(「English(US)」など)で打ってしまえばよいのです。
フリック入力する必要はありません。
こんなもの覚えられません!

入力頻度が高くないので、無理して覚えることはないと思っています。

あるいは、日本語からの変換も可能です。
ただし、iOSの記号変換は少しクセがあります。。
記号の名前を知っていないと使えませんし。

「きごう」と打つとすべての記号が表示されますので、そこから探すというのも、もはやアリですね。。

絵文字入力

日本語からの変換でよいです。
絵文字キーボードは使わなくても、十分入力に耐えます。

ただ、好みが強く出るところですので、あまり強くは言わないようにしています。

たとえば、「えがお」と打てば、複数の絵文字が候補に表示されます。
もっと曖昧な言葉でも大丈夫なときがあります。
iOSと仲良くなれば、絵文字もうまく変換できます。

使用するキーボードの設定

iOSのキーボード関係の設定は、一般カテゴリーです。
以下のようにたどっていきます。

設定 → 一般 → キーボード

キーボード設定

項目の一番上にある「キーボード」というところで、使用するキーボードの種類を選べます。
絵文字や、その他の拡張キーボードもここで選択、設定です。

日本語キーボードと英語キーボードを使う前提ですので、最低限、それら2つは使うことにしておきます。

キーボードの切替え

手元環境では、日本語キーボードと英語キーボードしか運用していません。
地球儀マークをタップするたびに、日本語と英語が順々に切り替わるだけです。

ここに、絵文字キーボードやその他の言語のキーボードも使っていると、切替えループが長くなります。それもあって2つに絞っているのですが。。

どうしても3つ以上のキーボードを使用する必要がある場合もあるでしょう。
そのような場合には、地球儀マークを長押しです。
正確にはドラッグアンドドロップです。

キーボード変更

直接、目的のキーボードに移動できます。

長押し状態でキーボードの候補が表示されたら、長押し状態のまま指をスライドさせて、目的のキーボードのところで離します。

ループ順を無視できます。飛ばすのも戻るのも自由です。

おまけ: 音声入力の活用

マイク

キーボードの地球儀マークの横にあるマイクマークをタップすれば、対応する言語での音声入力が可能です。
当ブログの執筆も、ときどき音声入力を活用しています。

AirPodsを使った状態だと、iPod touchでもiPadでも、マイクの位置を気にせずに、精度の高い入力が可能です。

かなり便利に使えると思っています。
言語が混在するとうまく入力できないのですが、そのような場合は稀ですし。
大筋は日本語でいっきに入力してしまって、あとでキーボードを使って修正するといった流れです。

使えるものですし。
これも少しずつの練習です。
とにかくかしこく活用ですよ!

最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!
この投稿を書いたのは・・・
Blog Admin

スマートフォンで電話をかけたことがありません。
端末としては所有していますが、SIMは入れていません。

お出かけのときには、スマホを4台くらいとタブレットとパソコンと、Pocket WiFiを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Admin」をフォローしてみる
iOS端末
「Blog Admin」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました