スマホセットアップ時にアップデートが終わらない場合(OUKITEL C19)

Blog Admin
Blog Admin

お仕事で、格安スマホをセットアップしました。
激安端末ですが、ちゃんと動いています。

起動時アップデート

パワー不足なのか、ネットワーク接続の問題なのか、起動がうまくいきませんでした。
アップデートは後でよいです。
起動させてしまえばステータスが分かるので、さっさと起動させることを優先します。
のちほどの対応で十分です!

起動時の更新が終わらない

今回直面した問題点は次のとおりです。

端末を起動して、Androidの標準どおり、Wi-Fiネットワーク設定からのアップデート確認になりました。
が、1時間経ってもアップデート処理が終わりませんでした。

起動画面(英語)
(参考)Androidの起動画面

Wi-Fiは「接続」になっていたので問題なく繋がっていたと思います。
アップデートが終わらなかったのが、パワー不足で単に時間がかかっていただけなのか、何か問題があったのか、今となっては不明なところもありますが。。
起動のダイアログではいまいち進捗が分からないので、スキップしてしまうことで、分かりやすく対応できました。

処理をスキップすることでのデメリットもありますので、記録を残しておきます。

OUKITEL C19 スマートフォン本体 4G
OUKITEL C19 スマートフォン本体 4G
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3qen8MK

まずは起動

起動してからでないと、ステータスが分からず、どこで詰まっているのか分からないのです。

逆に、起動してからのワイヤレスアップデートであれば、進捗がパーセントで表示されますので、安心感があります。
その後の実行時には、どう見ても、どこも詰まっていなかったと思うのです。
起動が苦手なのかもしれませんね。

Wi-Fi は入りなおし

WiFi

アップデート処理中の画面に変化がなかったので、戻るボタンでWi-Fi設定のところまで戻り、「スキップ」を選択しました。
更新できないとかログインできないとか、デメリットを尋ねられましたが、選択の余地はありません。
とにかく起動してくれないことには何もできないのですから!

Wi-Fiの接続からスキップしましたので、起動後は、Wi-Fiへの接続手続きが再度必要です。
パスワードは先に入力したものですので、悩むことはないでしょう。

起動を優先する場合のデメリットその1です。

ステータスが分かる

起動後は、とっととWi-Fi接続し、その後、以下の手順でワイヤレスアップデートを実行します。

操作

設定 → システム → ワイヤレスアップデート

設定は、画面上から下へスワイプで表示される歯車アイコンなどです。

OSを更新しておかないと、セキュリティーホールが空いたままになります。
危険なので必ずやっておきましょう。

アップデート用ファイルダウンロード
(参考)ワイヤレスアップデート

手動操作はデメリットですが、パーセンテージが分かる点はメリットです。
その後、再起動のボタンも表示されて、無事に処理が終わりました。
15分もかからなかったと思います。起動時の不調はどういうことなのでしょうか。。

追ってログイン

検索

Googleにログインする場合には、アップデートが終わってからなど、好きなタイミングでどうぞ。
メールや写真やメモ関係の同期が行えて楽ですし、アプリのインストールをPlayから行う場合にはログイン必須です。
起動時にバックアップからコピーできないのはデメリットかもしれません。
ただ、画面表示できるアイコン数を確認して、必要に応じて設定変更してから、バックアップからのコピーにするとか、インストールしなおすとか、のほうがよいと思います。アイコン数が合わないと、結局ぐちゃぐちゃになって逆に手間です。

ちなみに、今回の端末はログインせずに使うものですので、裏技でアプリをインストールしました。

OUKITEL C19

OUKITEL
イメージ

Amazonで見つけたAndroid 10 端末です。
調達価格は、おどろきの10,900円!

1万円のスマホということです。

OUKITEL は聞いたことがなかったのですが、中国シンセンのモバイルメーカーのようですね。
ウィキペディア先生にもほとんど情報がなく、Amazonに直営店があるという状態です。
AliExpressのほうがよいのでしょうか。。

OUKITEL | Rugged Smartphones | Smartphones | Portable Power Stations
Oukitel, one of the leading manufacturers of rugged electronics—rugged smartphones, rugged tablets and commercial smartp...

実機でスペックを見ると、Android 10 でOUKITELカスタムのOSになっています。そのためか、イースターエッグは動きません。
メモリーなどはカタログどおりに見えます。
RAMが2GBなので、やはりもたつき感は否めませんが、価格相応と言われれば、そのとおりだと思います。

OUKITEL C19 スマートフォン本体 4G
OUKITEL C19 スマートフォン本体 4G
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3qen8MK

こちらは自前端末ではない(所有権がない)ので検証はご対応できません。
ご了承ください。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Admin

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Admin」をフォローしてみる
Android端末
「Blog Admin」をフォローしてみる
wnkhs.net

ご意見やご感想などお聞かせください! コメント機能です。

タイトルとURLをコピーしました