Apple Watch 40mm に Quick Release 22mm バンド を装着したい

Blog Admin
Blog Admin

Apple Watch SE 第2世代(40mm)を購入しました。
クイックリリースの22mmバンドを持っているので、流用したいと思ったのです。

センサー部

Apple Watch 40mm
×
クイックリリース 22mm バンド

アダプターがあるのですね!
ありがたい。

ラグ幅22mmのバンドに対応できるパーツを調達しました。
手持ちのクイックリリースのバンドが問題なく利用できます。

22mm対応アダプター

Apple Watch は、専用のバンド着脱機構です。
ケース規格は複数あります。手元のApple Watch SE 第2世代は40mm(小さいほう)です。

クイックリリース(Quick Release)対応の22mm幅のバンドをいくつか持っていますので、活用したいのです。
調べてみたら、アダプターがちゃんと売られていました。
バネ式のピンが付属しているのですが、クイックリリースでも問題ありません。ピンを使わなければよいだけです。
これがあれば、Apple Watch用のバンドでなくても着せ替え可能です。

22mmバンド装着
22mmのクイックリリースバンドを装着!

手持ちのHuawei Watch GTXiaomi Watch S1 Activeは、どちらもクイックリリースの22mm幅のバンドが着いています。
使っているとループが切れますし、気分でバンドを変えたいときもあります。
複数本のバンドを所有していますので、流用できるとありがたいのです。

Apple Watchバンドアダプター 41mm 40mm 38mm
Apple Watchバンドアダプター 41mm 40mm 38mm
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3XJ1BMT

クイックリリースに対応

Apple Watch のバンド装着部分に取り付けて、クイックリリース対応の受け側になるアダプターパーツです。これを調達しました。
調達価格は743円です。

小さい
バンド接合部分に入るパーツ

アダプターを装着しただけだと、クイックリリース対応の時計のようです。
色の選択も大事そうですね。

パーツ装着
アダプターだけだと、まるでクイックリリース対応の時計のよう。

手持ちのバンドはお安いモノだからか、幅などは若干甘めではあります。
それでも、規格には会っていますので、きゅきゅっとハメ込めば、しっかり装着できました。
普通のバンドと変わりないです。

22mmバンド
ラグ22mmで手元のバンドは問題なく装着可能

Amazonで調べました。
対応するラグ幅はいくつかありますので、仕様は確認しましょう。

オモテとウラは気にして

ここはApple Watchの規格です。
バンド装着部分の形状のお話です。

オモテ面
オモテ側

規格に合ったものですので、目で見るか、触って確認です。

ウラ面
ウラ側

どうせ逆向きには入りませんので。。
確認しながら無理矢理なことをしなければ大丈夫でしょう。

バネ棒とリリース用器具

リリース器具を前提としたバネ棒が2本付属しています。
クイックリリースではない22mmバンドを使いたい場合には、これらのパーツを使いますよね。
今回は使わないので試していません。

ちなみに、リリース器具は商品紹介ページの写真とは異なりますが、機能としては問題なさそうです。

専用バンドを買ってもよいが

純正バンドはお値段が。。
数千円するものばかりです。
たとえば現在使用しているNikeスポーツバンドは6,800円です。

Apple Watch SE 第2世代

サードパーティー製の対応バンドもたくさん出回っています。
純正でなければ、1,000円以下で手に入るものがたくさんありますね。

規格品なので、サイズ確認はしっかりとして。
よほどのことがなければ、取付できないということはないでしょう。

ただし、Apple Watchにしか使えない問題は残ります。

Apple Watchバンドアダプター 41mm 40mm 38mm
Apple Watchバンドアダプター 41mm 40mm 38mm
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3XJ1BMT

クイックリリースバンドは、対応する一般的な腕時計にも使えるところがよいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました