花粉との闘いは始まっている【2021年編】

Blog Admin
Blog Admin

いえ。花粉症ではないのです。
ドクターの診断はありませんので。
ただ、スギ花粉とヒノキ花粉の時期になると、目がかゆくて鼻水が出るというだけです。

今年も腸活!
(2021年)

昨年(2020年)の春は、外出頻度が少なかったこともあるのでしょうが、花粉症のような症状は激しくなかったのです。
今年も同じような対策で乗り切れるかと考えております。

マスク、小腸、目薬

ミツバチ

一昨年くらいから、三種の神器になりつつあります。
病院で抗アレルギー薬をもらいたくない、というか病院に行きたくないので。

  • マスク(外出時着用)
  • 乳酸菌タブレット(毎晩食べるよう習慣化)
  • 目薬(市販の抗アレルギータイプを毎朝点眼)

体内への侵入をブロックし、免疫系が暴走しないように調整して、症状は早期に沈静化、という状態の維持を狙った布陣です。
腸の調子を整えるのにはある程度の時間がかかるでしょうから、今月から乳酸菌の摂取をがんばります。
夜の乳酸菌は腸活の基本ですね!

昨年は痛み止めも飲んでいたが

比較的調子のよかった昨年は、指の骨折のため、ロキソニンのジェネリック薬を服用しておりました。
4月からでしたが。
ほぼ毎日でした。

一昨年と異なる点です。

ただ、痛み止めも積極的に飲みたいものではないので。
この点においては、昨年からの変更点になるのかもしれません。

カプセル

今年が通常体制です。
規則正しく、粛々と対応していきます。

やはりマスクが難しい

いつも使っている「超立体」の大箱が、転売価格のままです。。
マスクの供給は潤沢になったように見えて、こだわりブランドは依然として辛い状態です。
転売の赤字をなるべく小さくしたいのでしょう。

他のマスクを試すということでもよいのですが。

使い捨てマスクではなく、ウォッシャブルな布マスクの利用を考えております。
具体的には、エアリズムマスクです。
顔への密着感は文句なしで、むしろ苦しいと思うほどです。

花粉も止まることでしょう。
ローテを組めるだけ揃えようと、じわじわ買っていました。

サステナブルですものね。

やばければ医者に

とにかく無理はしない。

鼻詰まりで息もできないとか、涙管が変とか、明らかなる症状があれば、然るべきところで診てもらいます。
新型コロナウイルスで騒がしい世の中ですが。。

医療イメージ

不快感と闘い続けられる精神力は持ち合わせておりませんので。

薬の力に頼るのもありでしょう。
そもそもが現代病ですから。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、毎月何かしら買っております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンと、Pocket WiFiを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
生活
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました