スマスピ生活に慣れて思わず音声コマンドを言ってしまう

Blog Admin
Blog Admin

スマートホームを目指して、テレビ、ライト、エアコン、掃除機あたりを声で操作できるわけです。環境を整備していないところで、思わず話しかけてしまいそうになりました。

便利すぎはよくないのか

人間ですから、楽を知ってしまうと、そちら側に流れていくものでしょう。ということは、やはり音声コントロールは楽なのですよね。

スマートホーム化計画

スマートホームを目指し

Amazonのスマートスピーカー「Echo」がいます。
アレクサにお願いすることで、テレビをコントロールして、部屋を明るくして、室温も変えられるわけです。
まだ細かい設定までは入れていませんが、ロボット掃除機もホームカメラも使える準備が整っています。

思いどおりに動いてくれないこともありますがw

ある程度のことができるのと、まとめた指示を出せるのは魅力的です。
たとえば、「出かけるよ〜」と言ったら、テレビもライトもエアコンも消す、とかいった運用をしているわけです。ついでに天気予報を読んで、当日の予定も読み上げてくれます。

覚えることも多いが

指示出しはキーワードなので、何を言ったらどうするかということは、あらかじめ設定しておきます。
もちろんプリセットのものもあります。

ことばのニュアンスまでは、まだ汲み取ってくれないので、正確に指示する必要があります。
つまり、音声コマンドによるコントロールです。

脳

このため、やりたいことに相当するコマンドを覚えておく必要があります。
当然と言えば当然の話です。
ここがなんとなくのニュアンスで認識されるようになるとか、言われなくてもやるようになったら、真のAIなのだと思うのです。
未来が楽しみですね。

スマホアプリでマニュアルキックすることもできますが、それではリモコンを押しているのと同じですしw

スマートスピーカーの圏外にいると

すべての部屋にスマートスピーカーがあるわけでもなく、職場などの自宅以外の環境にはEchoがありません。
たとえあったとしても、設定内容がどうなっているか次第で、命令コマンドは変わります。

未整備感覚では、普段の便利な生活は不可能です。
なんともならない場所があるのです。

ロゴ

ふと、感じてしまうわけです。
テレビのチャンネルを変えるのに、リモコンを探してボタンを押さないといけないとか。
BGMを変えたいときには、いちいち機械を操作しに行かなければならないとか。

大したことではないかもしれませんが、ちょっとしゃべれば済むことですから。
労力!
と感じてしまうわけです。

スマホとも仲良くなりたい

iOSのSiriも、Androidの Googleアシスタントも、もう少しがんばって欲しいと思いつつ、活用していこうと思っていますよ。
なるべく積極的に使うようにしています。

幸いなことに、AirPodsもPixelBudsも持っていますので。

ケース

誰もいないような道を歩いているときには、「Hey, Siri!」とか「OK, Google!」とか、対応することばで話しかけています。
まだまだ思いもよらない回答が返ってくることもありますが。。

アレクサもそうですが、教育というか、フィードバックを伝えられないのは辛いです。
成長を待たねばならないわけですからね。

楽な方に流れているのか

人間は楽な方に流れていく生き物ですよね。
いまさら洗濯機のない生活など送れません。脱水が別とかすら、考えられません。

ということで、やはり音声コントロールは楽なのですね。
と実感するわけです。

Google 音声検索(時計)

自宅ではないのに、思わず「アレクサ!」と言ってしまいそうになり、便利さを実感するのでした。
もちろんもっと機能を充実させてほしいです。
『Back To The Future 2』にて、ガンシューティングゲームをダサいと言っていた子どもの気持ちが分かった気がします。

スマートホーム化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました