ガラケーのメリットは3つ!(電池と安定感と)

Blog Admin
Blog Admin

二つ折り携帯電話を卒業して思う!
ガラケーのメリットを挙げてみます。

携帯電話が懐かしい

先日卒業した二つ折り携帯電話(いわゆるガラケー)ですが、使わなくなって感じるメリットです。
やはり、はっきりと3つです。

  • バッテリー持続時間
  • OSの安定感
  • サイズ

上記とうまく付き合っていけば、スマートフォンを使いこなすということになりますね。

ガラケーの強み

使わなくなるともっと寂しいかと思ったのですが。
想定していたよりは普通に、特に問題なく生きております。

ボタンのクリック感とかは好みもありますから。

携帯電話

もともとスマホをSIMなしで携行していたので、操作などはすんなり受け入れられております。
まったくもって違和感なしです。

そして、ガラケーの強みは改めて実感するのでした。

充電サイクルは早くなった

スマホは毎日充電です。
当たり前のことではありますが、やはり面倒でもあります。

電源

手元端末は、iPhone以外すべてUSB-Cです。
ケーブル不足が深刻化です
この問題は、ケーブルを増やして対応しかないですね。

ガラケーのときには、5日くらいは平気で稼働してくれていたので、あの頃はよかったなぁと思うのです。

OS更新など考えていなかった

OSの更新は、端末の再起動が必要です。
言わずもがなですが。。

これまで持ち歩いていたスマホはSIMなしでしたので、特に通話待受などなかったので、気楽に更新ボタンをタップしておりました。
SIMがあると、不在になったら申し訳ないので、深夜に更新と再起動をしてもらうように、運用を考えねばいけないのですね。

ほぼ満月

たしかにガラケー時代も、ごく稀に、再起動を伴う更新がありました。
けっこう適当に対応してしまっていたわけですがw
頻度はだいぶ異なります。
変わり方も違いますし。

ある意味オオゴトだったわけで、事前通告などがありましたね。

iPhone SE

随時更新で予約もできるから、スマホのほうが便利でしょうかw

平たいカタチに慣れねば

二つ折り端末のサイズ感が好きでした。
折りたたみというくらいですから。
こじんまりとしてくれます。

ガラケー

スマホは薄くて、平たくて、画面が大きくて。

もはや好みの問題ですし、慣れの話でもあります。
ポケットに入れるにしても、感覚がどうかというお話ですね。

スマホと生きていく

文句ばかり言っていても仕方ありません。
スマートフォンを活用して、これから歩んでゆくのです。

  • アプリか使えて便利です。
  • 連絡先情報をメールやネットから連携しやすくなりました。
  • 表示される情報量が多いです。
  • 文字入力が楽です。
  • Bluetoothのイヤホンマイクを使ってハンズフリー通話しています。

よいことがたくさんあるわけです。

Oppo Reno5 A

前項の運用案も意識して、賢く使いこなしていきましょう!

消えゆくモノたち

コメント

タイトルとURLをコピーしました