【Windows 10】累積更新プログラム「KB5004945」をインストール(21H1)

Windows Update にて、「2021-07×64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5004945)」をインストールしました。
OSビルド 19043.1083 です。
7月6日にリリースされています。

2021-07×64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5004945)

手元環境は21H1になっておりますます。
更新情報は、2004、20H2と同じページに載っています。
ダウンロードされていたので、再起動時間の記録です。

少し前に話題になった「PrintNightmare」の対応です。

実施環境は、Windows 10 Pro バージョン 21H1 です。

Windows 10 累積更新プログラム

KB5004945

Windows 10

本家サイトは英語です。
日本語になっていないですね。。

ハイライトは1つです。
PrintNightmare対応です。プリントスプーラーのぜい弱性を突く攻撃への対策です。
緊急対応です。

同時インストールは表示されていませんでした。

Windows Update をチェックして、更新がありました。
再起動が必要です。

所要時間

ダウンロード時間を含むインストール(再起動含む)は終わっていたので、再起動の所要時間のみの記録です。
全体の所要時間不明で、再起動は、約2分ほどです。
片手間でしたので、同時にいろいろと後ろで動いていた状態です。

KB5004945
再起動待ち

最近の様子から考えれば、ごくごく普通の時間です。

今回の手元環境
  • CPU: Intel Core i5-8350U 1.70GHz 1.90GHz
  • RAM: 8.0GB
  • 外部メモリータイプ: SSD

更新プログラムのインストール手順

標準のとおり、Windows Updateで行います。
設定によるわけですが、放っておけば自動実行されます。
もちろん手動での実行も可能です。
呼び出し手順は、たとえば以下です。(方法がいくつかあるので)

Windowsメニュー → 設定 → 更新とセキュリティ

設定(1903版)
設定(1903版)

1903以降、ダウンロードとインストールの通知や指示方法が変わっております。
「今すぐダウンロードしてインストールする」のタイプと、「ダウンロード」ボタンだけのタイプがあります。

それらしいところをクリックすれば、更新プログラムの導入が始まります。

更新後の様子

特に何もないです。
PrintNightmare対策で、印刷スプーラーのサービス停止などの措置をとっている場合には、通常運用に戻して大丈夫でしょう。

既知の問題がふたつあります。
日本語IMEの問題がありますのでご注意を。

Windows 10 累積更新プログラム

何か問題が発生しているようでしたら、教えていただければと。
コメントでもフォームでも、情報は歓迎でございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました