拡張子「.ppt」と「.pptx」の違い、相互変換の方法

PowerPointのファイルを表す拡張子は、いくつかあります。
よく見る「.ppt」と「.pptx」の違い、見分け方、使い分けや互換性をまとめます。「.pptm」に関しても触れます。

「.ppt」と「.pptx」

ざっくりと書いてしまうと、「.ppt」は古い形式で、「.pptx」は新しい形式です。
Office系アプリは、2007(バージョン)を境に、大きく変わったのです。

ただ気になっているのは、「PPT」という言い回しです。海外の方にも通じましたし、PowerPointのスライドを表す名詞として使えてしまうのですね。

なるべくシンプルに説明したい

xlsとxlsxの違いの話と同じようなことです。

古いか新しいか

PowerPoint

すでに記載のとおりです。PowerPoint 2007以降のプレゼンテーションファイルの拡張子は「pptx」になりました。このタイミングで拡張子が変わったのです。
つまり、「x」が付いているほうが新しいのです。

  • .ppt: 古い
  • .pptx: 新しい

「.ppt」のファイルはまだ存在していると思いますが、いずれは消えゆくものでしょう。

新しいほうがコンパクト

HDDの中身

一般的に、.pptxのほうが.pptよりもコンパクトです。
つまり、ファイルサイズが小さいです。

これは、新板のほうがデータの記録方法を効率化したためです。

もちろん例外もありますので、絶対にこうなる!とは言えません。
多くの場合は、新しい形式の方が効率よくデータを記録でき、ファイルサイズも小さいというお話です。

「種類」で見分ける

フォルダーに表示されるファイルの「種類」を見れば、2007以降の形式かどうかはっきりわかります。
拡張子を表示していない場合には、種類で見分けましょう。

種類
種類が書いてあります
  • .ppt: Microsoft PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション
  • .pptx: Microsoft PowerPoint プレゼンテーション

画像は表示が反対になってしまいましたが。。

PowerPoint(Microsoft Office)のバージョンは、2003の次が2007です。
97から2003までは.pptで、2007以降は.pptxです。

相互変換は不要

PowerPointのどのバージョンでも、両方の拡張子のファイルを開けます。
ただし、新しい機能の何かを保存している場合、古いバージョンで開くと新しい機能部分が切り捨てられます。

もうすでに2003のサポートは終了しています。
そもそも、古いバージョンでの保存は不要なはずではあるのですが。。

どうしても変換したい場合は、別名保存がおすすめです。
名前を付けて保存する際、ファイルの種類で拡張子を選べます。

「pptm」には要注意

マクロを実行できるファイル形式がpptmです。
2007以降および365版のOffice系ファイル共通で、拡張子の最後に「m」が付きます。

PowerPointでもマクロは使えます。

マクロは、悪用するとコンピューターウィルスを作れるプログラムです。
信頼できる出どころからのファイル以外は、不用意に開かないようにしましょう。

PPTを送るね!と言われた

海外の方と打合せをして、資料を作成いただいたときのお話です。
先のファイルを共有して欲しいと伝えたところ、

I’ll share you the PPT file.

とチャットて言われました。ファイルを送ってくださるのですね。ありがたい。
そして送られてきたファイルは、pptxの拡張子でした。

不満があるとかいうことではなく、普通に名詞なのだと感じました。
PPT = パワポで作ったプレゼン一式 といった意味合いです。
英語が心もとない当方のことを鑑みてくださったのかもしれません。とにかく、普通に「PPT」という名詞が使われたのでした。

使い分けは不要

くりかえしになりますが、pptとpptxを使い分ける必要はありません。
既述のとおり、新しい方が高性能かつコンパクトです。
名前を付けて保存するときには、デフォルトのまま(pptxになります)で。

ノートPC

注意点は2つです。

ひとつは、マクロ対応にする場合です。
何らかのマクロ処理を埋め込むのであれば、ファイルの種類をpptmにします。

もうひとつは、伝統的な表現です。
PPTがプレゼンテーションファイルそのものを意味する場合があります。
文脈から読み取りましょう。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
PowerPoint関連
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました