Excelの行番号と列番号を印刷する方法

Blog Admin
Blog Admin

Excelでは、編集画面で表示されている行列番号を印刷できますよ。
列番号の設定を変えれば、数字で印刷できます。

Excel

行列番号の印刷

紙に印刷する機会は減っていると思いますが。
PDF化などで「印刷」という行為は引き続き必要だと思います。
うまく活用できるとよいです。

Excelの列は、通常はアルファベットですが、数字にもできます。
数字にしたら、そのまま数字が印刷されます。

行列番号を印刷すると

Excelの編集画面では(デフォルト設定では)、行番号と列番号が表示されています。
セルには、行列の交点がアドレスのように割り振られているわけです。
たとえば、A列の1行目は「A1」ですね。

Excel
編集画面

何も設定せずに印刷すると、編集画面で見えている行列番号は印刷されません。

ノーマル
設定なし

行列番号は印刷できます。(設定は後述)
行番号と列番号をそのまま資料に反映できるのです。
いちいち行番号を振るための列を設けなくてよいですし、番号ズレの心配がないなどのメリットがあります。

アルファベット
列: アルファベット

また、列番号はアルファベットだけでなく、数字にできますよね。(設定は後述)
設定内容のまま印刷されますので、こちらも活用できそうです。

数字
列: 数字

印刷の際には、行列が同時に指定されます。セットなので。
枠線が表示され、色付けなどの細かい融通は効きません。
このあたりを含み置きながらの活用です。

行列番号を印刷する設定

Excelの「ページ設定」で設定します。
「シート」タブにあります。

「印刷」のグループのところに「行列番号」があります。このチェックをオンにします。
操作後は「OK」ボタンの押下をお忘れなく。

シート
ページ設定「シート」タブ

何がどう印刷されるかは、印刷プレビューで確認しましょう。

ページ設定への経路

「ページ設定」へはいくつか経路があります。
ここでは、印刷プレビューからの経路を備忘録です。

印刷
印刷イメージ

設定項目が並んでいるところの一番下に「ページ設定」リンクがあります。
ここをクリックします。

その他も試してみては?

何を印刷するか、いくつか選択できます。
行列番号にも設定項目はあります。

枠線は、Excelの編集画面で表示されている枠線を印刷できる機能です。

白黒印刷簡易印刷にはご注意ください。
設定した色が表現されませんし、オブジェクトが表示されないなど、チェックを入れるといろいろなことが起こります。

列番号を数字にする設定

列番号を数字にする方法は、Excelのオプションで設定できます。

R1C1 参照形式

ファイル → オプション → 数式 → 「R1C1 参照形式を使用する」のチェックをオン

数式オプション
Excelオプション「数式」

「OK」ボタンの押下をお忘れなく。

ブック単位の設定です。

番号にしておくと、マクロを書くときに参照先などを確認するのに便利です。
数式を直接書くには不便です。。

準備されている機能は活用したい

せっかく搭載されている機能ですので、うまく使いたいものです。
どう活用するかは資料次第だと思います。
いけそうなら、使っていきましょう!

いろいろと機能がありますので、使えるものを使うのです。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Excel関連
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました