【Windows 11】累積更新プログラム「KB5019980」をインストール(22H2)

Windows Update にて、「2022-11 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 22H2 の累積更新プログラム (KB5019980)」をインストールしました。
OSビルド 22621.819 です。
11月8日にリリースされています。

KB5019980

2022-11 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 22H2 の累積更新プログラム (KB5019980)

出遅れました。

22H2の累積更新プログラムです。
動画があります。

ダウンロードとインストールの記録です。

KB5019980

壁紙

サポートサイトは日本語です。
自動翻訳されています。

ハイライト2こです。
動画があります
動画の中で紹介されている情報は、前回の更新に含まれていた新機能たちのように見えます。

KB5019980
2022-11 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 22H2 の累積更新プログラム (KB5019980)

同時インストールは以下です。

再起動が必要です。

所要時間

ダウンロードとインストールおよび再起動完了までの所要時間の記録です。

所要時間は、実測で18分ほどです。
動画のストリーミングを含めて、他にいろいろとやりながらの並行作業でした。

ダウンロードからインストール完了までの時間は、15分ほどです。

再起動待ち
再起動待ち

再起動に2分30秒ちょっとです。
再起動は推定3分ですので、今回は表示が正解でした。
新機能がリリースされたからなのか、PCの用途やMicrosoft365などの接続など、いろいろと設定させられるダイアログが表示されました。

手元環境
  • CPU: Intel Core i7-10750H 2.60GHz 2.59GHz
  • RAM: 16.0 GB
  • ディスクタイプ: SSD

更新プログラムのインストール手順

標準のとおり、Windows Updateで行います。
設定によるわけですが、放っておけば自動実行されます。
もちろん手動での実行も可能です。
呼び出し手順は、たとえば以下です。(方法がいくつかあるので)

操作手順

タスクバーのWindowsマークを右クリック → 設定 → Windows Update

設定

「更新プログラムのチェック」をクリックして更新情報があれば、最新の累積更新プログラムなどをダウンロードする処理が始まります。
個別に処理を停止できますので、止めたいときには明示的に停止しましょう。

再起動目安
再起動目安

バックグラウンドで更新が実行されたとしても、再起動は必要です。
Windows 11では、再起動時間の推定値が表示されます。

更新後の様子

特に何もないです。
元気に稼働しております。

動画で紹介されていた、タスクバーのアイコンがいっぱいになったら、さらなるポップアップという話は、ウルトラワイドディスプレイを使っている環境では、際限が難しいです。。
そもそもそこまで大量のマルチタスクということもないので、危機感すらありませんでした。

このプログラムに関する既知の問題はないということですが、22H2には既知の問題があります。
アップデート制限があるまま、新機能がリリースされたということです。

Windows 11
累積更新プログラム

何か問題が発生しているようでしたら、教えていただければと。
コメントでもフォームでも、情報は歓迎でございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました