【Windows 11】Home と Pro の違いを知りたくて

Blog Admin
Blog Admin

Windows 11 Home を使っていますが。。
Home と Pro の違い をあまり深く考えていませんでした。

壁紙

Windows 11
Home と Pro の違い

公式サイトでの案内はありますので、そこを見ればよいわけです。
ざっくりと知りたいか、細かく知りたいかで、確認するページが異なるのだと思いました。
想定されているユーザーの考え方も分かるので、後者で見ていきます。

公式の比較表には3つのエディション(Home、Pro、ワークステーション向け)があります。
10のときと同じです。

Home と Pro の違い

想定ユーザーが異なるので、その点で、機能が異なります。
Homeは個人が楽しく使うことを想定しており、Proはビジネスユーザーが想定されています。

Windows

ビジネスで使うということは、マシンを一括管理したいとか、情報漏洩を防ぎたいとか、複数拠点で仕事したいとかいったことになるわけですね。

ざっくり知りたい人向け

ざっくりと知るには、以下のページでよいと思います。
仕事で報告しなければならない、とかいったことがなければ、これで十分でしょう。

詳しく知りたい人向け

もう少し詳しく知りたい場合は以下のページで。

URLは以下です。

  • https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/business/compare-windows-11

Windows 10 のときにも同じような比較表がありました。
じっくり確認しておきたいものです。

Home から Pro へのアップグレード

Proのライセンスを持っていれば、手持ちのHomeをProにアップグレードできます。
ライセンスがなければ購入です。

価格は変わると思いますが、今のところ、14,800円のように見えます。
この価値があるのかは気になります。。
HomeとProの差が小さいと思うのですよ。。

セキュリティー分野の差が大きい

プライベートで使うなら、Homeエディションで十分ですよね。
説明文から分かることが多いです。

壁紙

Home の考え方、というか想定ユーザーが書かれています。

史上最高の Windows は進化し続けており、ホーム ユーザー、学生、ゲーマーに、思考、表現、創造のための穏やかでクリエイティブなスペースを提供します。

Pro の説明を読むと、やはり仕事向けで、管理機能が強化されていることが分かります。

ハイブリッドなワークプレイス向けに設計された Windows 11 Pro には、チームがどこにいるとしても、さらに効率的、シームレス、安全に働くために必要なビジネス機能と管理機能があります。

ワークステーション向けのPro の説明では、やはり想定ユーザー層が分かります。
これが最大機能なわけですが、Pro との違いはReFSの有無のみです。

データ サイエンティスト、CAD プロフェッショナル、研究者、メディア制作チーム、グラフィック デザイナー、アニメーターなど、高度なワークロードとデータニーズを持つユーザー向けに設計されています。

個人で使うものではありますが。。
やはりProが欲しいです。
BitLockerを使いたいのです。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
OSWindows PC
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました