Xiaomi Mi Smart Band 5 初計測は辛口の結果(皇居ラン 10km 2020年9月30日)

Blog Admin
Blog Admin

皇居ランの記録です。10kmランです。
2020年9月30日に走ってまいりました。
よい季節です!

皇居ラン
2020年9月30日

「Huawei Watch GT」と「Xiaomi Mi Smart Band 5」での計測です。
今回からXiaomiのバンドが最新化です!

皇居外周を2周目標で走っております。
ランニングにはよい季節です。気持ちよく楽しく走れました。
スポーツの秋ですね!

今回の装備

デバイス関係は次項のとおりです。いつもどおりの2台体制です。が、今回から新デバイスです。
ウェアーはレンタル品で夏装備です。

シューズは「ナイキ リアクト インフィニティ ラン」です。
トレーニング用のものです。

デバイス

バンド
Xiaomi Mi Smart Band 5

携行していたデバイスは以下のとおりです。

  • 右腕: Xiaomi Mi Smart Band 5
  • 左腕: Huawei Watch GT
  • Huawei P20 lite(ヘルスケアアプリ)
  • Xiaomi Mi Note 10 Lite(Mi Fitアプリ)
  • Pocket Wi-Fi

電話機たちとPocket Wi-Fiは、ウエストポーチに収納です。

ランニング装備

ウェアーは、半袖 + ハーフパンツです。夏ですね!
外気温は21度ほど、湿度は74パーセントと、すばらしいランニング日和です。
夏の蒸し暑さは終わり、もうすっかり秋です。
ランニング中はマスクなしです。

ちょっといい靴下を着用しました。

靴下
ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット
ナイキ リアクト インフィニティ ラン

シューズは、「ナイキ リアクト インフィニティ ラン」です。
10,000円ほどのモデルをお得にレンタルです。

前回までのサイズだと、つま先への負担が大きかったようです。
親指と人差し指の爪が痛んでしまっていたので、0.5センチ大きいものにしました。
快適でした。

今回の記録

ヘルスケアアプリ(HUAWEI)の記録と、Mi Fit(Xiaomi)の記録を載せます。
Xiaomi Mi Smart Band 5 では初の計測です。思っていたよりも辛口で驚きです。
ちゃんと記録できることがモチベーションなのです!

基準にするデバイスは、Huawei Watch GTです。
定点観測です。

Huawei Watch GT

時計単独で計測できるはずが、ヘルスケアアプリとの連携が必須になりました。
単体だとGPSを受信できません。準備完了状態にならないのです。
残念です。元に戻してほしいです。

Huawei Watch GT ショート
Huawei Watch GT ショート
Huawei Watch GT ロング
Huawei Watch GT ロング

1kmごとの通知を受けられなかった理由は、心拍数の通知が生きていたからです。
走っていると心拍数が上がります。心拍数が上がると、上がった通知が来るのです。いらないです。
通知があるうちは、1kmのお知らせが来ません。
時計の上ボタンを押して心拍数通知を消すのですが、心拍数はどんどん上がるので、すぐに心拍数通知が再掲されます。

かなり困ります。。
心拍数通知を止めるところが見つからないのです。

記録に関しては、ペースが徐々に上がっていく感じがすばらしいです!

HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
Amazonで見てみる
https://amzn.to/2U2D59x

Xiaomi Mi Smart Band 5

Xiaomi Mi Note 10 Lite のMi Fitアプリと連携させて計測します。
スマホのGPSに頼ります。

バンド本体にGPSの電波を受信する機能はありません。
手の振りと、心拍数を計測していると思われます。

Xiaomi Mi Smart Band 5 ショート
Xiaomi Mi Smart Band 5 ショート
Xiaomi Mi Smart Band 5 ロング
Xiaomi Mi Smart Band 5 ロング

辛口です!
前回までのMi A2に比べると、Mi Note 10 Lite のほうが性能がよいのだと信じています。
よりリアルになっているのでしょう。こればかりは、何度か計測してみれば分かることでしょう。

Mi Fit
ワークアウト中の心拍数を測定する

初回の洗礼により、今回もスタート前に心を乱されましたw

デバイス切り替えは、前回からの予告どおりですよ!
記録を見ると、徐々にペースが上がっている感じで、がんばっています。
途中の上り坂では苦労していますね。

Xiaomi Mi Smart Band 5
Xiaomi Mi Smart Band 5
GearBestで見てみる
http://gbe.st/302cCdc

両者の比較

結果の比較です。
前回の10kmランとも比較します。
デバイスが変わりましたので、Xiaomi分は参考記録でしょうか。。

種類Huawei Watch GTXiaomi Mi Smart Band 5Watch GT(前回)
走行距離10.14km10.04km10.07km
時間00:55:1200:55:2200:56:27
平均ペース5:275:305:36
平均速度11.02km10.88km
(計算値)
10.70km
平均ストライド112cm108cm109cm
消費768kcal817kcal838kcal

今回はHuaweiよりもXiaomiのほうが辛口でした。
100m差があります。
Watch GT では10kmになっていたのに、Mi Smart Band 5 は10kmになっていなかったのです。

右側

両方ともペースが上がっていく感じが記録されています。
いい感じです。

平均ペースで3秒差は大きい気がします。
それから、消費カロリーがかなり抑えられています。
涼しいからか、心拍数の上昇が緩やかだったせいでしょうか。

かなり楽に走れるようになった

骨折事件からは約半年です。
運動を再開してから3か月です。
体力が戻ってきているということもあるでしょうし、季節的によくなってきているということもあるでしょう。

センサー

平均ペースはいい具合に改善されてきています。
順調に回復できているのが数字で見えるのは嬉しいことです。

2周目に入ったあたりだったか、とても楽しく走っている感じになりました。
ここのところは苦しさがあったりもしたのですが、今日はずっと楽しかったです。

団体が増えてきた!

閑散としていた皇居外周ですが、前回、今回と、人が少しずつ増えている気がします。
特に、今回は団体さんが目立ちました。
以前は結構いたので、イベントが元に戻りつつあるのでしょうか。
それとも水曜日だからでしょうか。(いつもは火曜日なので。)

2020年9月30日 皇居ラン

10~20人くらいの大型団体を、少なくとも4組見ました。
小規模なグループはもっと多くいたのだと思います。
前回は小規模グループをまあまあ見ていたのですが、今回の大型グループには驚きです。

そういえばと思い出しました。
道をふさがれることがあるのでした。。
今回は大丈夫でしたが、これから先、悩みが復活でしょうか。。
そしてグループに共通することで、会話が気になります。

マスクなしでの会話はやめてほしい

ランニングコースでも、ランニングステーションでも、マスクなしでの会話は控えて欲しいです。

ランニングはけっこうな運動ですし、屋外ですので、マスクを着けないのはよいと思うのです。
ただ、飛沫リスクの大きい会話は控えてほしいのです。

おしゃべりしたいのなら、マスクを着用すればよいと思います。
マスク着用しないのなら、静かに黙々と準備したり、走ったりでよいのです。

ウイルス

ニューノーマル、ウィズコロナ時代のマナーだと思います。
仲間との会話が楽しいというのは分かります。ですが、感染拡大のリスクは仲間以外にも影響します。

そういえば、ハイドレーションバッグのテストがまだできていませんね。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました