高島町駅の近くで歴史探訪: 幻の駅、二代目横浜駅の遺構(レンガ造)

現在の横浜駅は三代目ですよね。いまだに完成しない、「日本のサグラダ・ファミリア」とか言われています。
そして、初代の横浜駅は現在の桜木町付近にありました。こちらは教科書に載るほどのものです。日本初の鉄道は新橋と横浜を結んでいたのです。

では二代目は?
ということで、二代目横浜駅の遺構を見てきました。

遺構の概要

住所でいうと、横浜市西区高島2-1-18です。Googleでも検索できます。(地図は後述)
マンション敷地内の公開エリアに。
ちょっとだけ勇気がいるかもw

プレートがあります。

二代目横浜駅のしるし

案内が設置されていて、上のプレートと説明書きと配置図が配されています。

二代目横浜駅のプレート

説明書きにはこうある。

二代目横浜駅は大正四年八月十五日に開業され、大正十二年九月一日関東大震災のため焼失した。
わずか八年という短命で、半ば「幻の駅」といわれている。この遺構は駅舎の基礎部分にあたる。
また、横浜共同電燈会社裏高島発電所の第二海水引入口の遺構もあり、二つの歴史上貴重な遺構が重なった珍しい遺構である。

その配置は配置図で確認できます。

二代目横浜駅の遺構配置図

それぞれ、そこにありますね。

第二代横浜駅駅舎基礎遺構

二代目横浜駅遺構部分

遺構配置図によると、小荷物受付所の基礎部分ということです。
レンガ造の基礎部分で、パッと見だと何の遺構なのか分からないですねぇ。。w

ここに駅があったのかと思うと、わくわくします!
すぐ横が旧東急線の高島町駅というのもステキポイントです!!
東急線は線路が外されていて、すでに遺構状態ですからねぇw

歴史の移り変わりを感じます。ロマンです。

二代目横浜駅遺構

ところで、基礎部分なのに雨ざらしで大丈夫なのでしょうか。
レンガは強いからいいのかな。

横浜共同電燈会社裏高島発電所遺構

高島発電所の第二海水引入口の遺構

こちらはフタが付いています。
井戸みたいな感じの竪穴です。

立地から考えると、火力発電所だったのでしょうか。
海水は何に使っていたのでしょう。。わからない。。
蒸気にしたら、副産物でお塩がたくさんできてしまいますな。
機械にはよくなさそ。。

行き方

住所を目指して歩くのです。
ブルーラインの高島町駅が最寄りです。横浜駅からも歩けます。横浜駅からアンパンマンミュージアムに歩くより近いと思います。

ブルーライン高島町駅の1か2の出入口から出たら、高島町交差点を目指します。どちらからでも左方向です。
高島町交差点に着いたら、高島交番が目印です。とにかく交番側に、横断歩道を渡ります。
遺構は、裏手のマンションの足元なので、奥のトイレを回り込むことになります。ここには案内があります。

高島町交差点と高島交番

高島町交差点から見える高島交番です。この左奥が遺構です。

高島町交差点の横にある公衆トイレ

トイレを回り込んで、マンションの足元に入れば到着です。

地図は以下。

最後まで読んでくださりありがとうございます!
よろしければ、ライターのTwitter(@SubShine_wnkhs)をフォローしてやってください。

最新情報をお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました