サブディスプレイのタスクバーを消したい(Windows 10 でマルチモニター)

マルチディスプレイ(デュアルモニターなど)にした際、タスクバー(画面の一番下にあるWindowsボタンなどの並び)をそれぞれの画面に表示するかどうかの設定です。
設定によっては、タスクバーは画面の左右や上に表示する場合もありますね。

設定方法を忘れそうなので書き残しておきます。備忘録です。

2017年1月23日に投稿した内容を再編集しました。
先日、案の定同じ悩みに陥った際に、うまく探し出せなかったためです。

設定方法

Windows 10 のバージョンによって、若干言葉遣いが異なる場合があります。

1511から1607では言葉と見た目がちょっと変わっていましたが、1709では変更なしです。

最短でたどり着く方法は以下のとおりです。

タスクバーで右クリック → 「設定」をクリック → 「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」を調整

タスクバー

タスクバーを右クリックして「設定」をクリックします。

設定からだと、以下です。(上の手数の方が少ないので、オススメは上のとおりです。)

スタート → 設定 → 個人用設定 → タスクバー → 「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」を調整

画面の設定

タスクバーの設定の下のほうにある「複数のディスプレイ」のところで、「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」のオン/オフで調整します。

画面の設定

「オフ」にした場合、オプション項目はグレーアウトになります。

設定は即時反映です。

使い分けの考え方

ミーティング

サブディスプレイの使い方と好みが使い分けのポイントだと思います。

サブを発表や共有用とする場合、タスクバーが表示されていると、ユーザーが起動しているアプリが丸見えになります。
ちょっとスマートではないので、サブ側のタスクバーは消しておいた方がよいでしょう。

好みの問題ですが、作業を効率化するためのサブディスプレイの場合は、タスクバーがあったほうが便利なことがあります。
マウスの動きが少なくて済むことがあるので、これは好み次第でオンとオフを調整してみるとよいでしょう。

設定はディスプレイごとに

会議室

タスクバーの設定に限りませんが。
ディスプレイ関係の設定は、Windows 10 のPCに接続しているディスプレイごとに記録(記憶)されています。

フリーアドレスなどで移動したり、プレゼン会場で外部接続したりといった具合に、使用するディスプレイが変わる場合には、その都度設定が必要です。
Aのディスプレイで設定しても、Bのディスプレイを繋いだら、新しく設定が必要です。という話です。

環境

今回の環境はWindows 10 Pro / Home です。
バージョンは1709です。
1511の時から設定方法が変更になっていたので混乱しました。

以降のバージョンであれば、共通だと思われます。

wnkhs.net BlogAdmin
最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!
この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、毎月何かしら買っております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンと、Pocket WiFiを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Windows PC
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました