「iPad Pro 10.5」を『iOS12』にバージョンアップ(分かりやすくなりました)

9/18未明、WWDC18で発表されたとおり、iOS12がリリースされました。
手持ちの「iPad Pro 10.5」に導入しましたので、ソフトウェア・アップデートの所要時間や手順を備忘録です。

すでにiPod touch 第6世代には導入済みです。

iOS12
バージョンアップ
(iPad Pro 編)

第一印象は、「分かりやすくなった」です。

iOS12

今回は、iOSのメジャーアップデートです。
WWDC18以降の案内のとおり、新機能が盛り込まれています。

iPad Proは余裕でバージョンアップの対象です!

iOS12
「ソフトウェア・アップデート」でiOS12を確認できます。「ダウロードとインストール」をタップします。

今回はパフォーマンス向上が主なのです。

アップデート手順

放っておけばアップデートの番が順に回って来るのでしょうが、今すぐ最新化したければ、手動でリクエストもできます。
もちろん、今回は手動でアップデートを依頼しました。

ただし、インストール(再起動を伴ういろいろ)は寝ている間にやってもらいました。

操作方法

設定 → 一般 → ソフトウェア・アップデート

iOS12の案内が表示されている画面で、「ダウンロードとインストール」をタップします。

パスコード入力
「ダウンロードとインストール」処理のために、パスコードの入力が必要です。Touch IDは使えません。ハード入力です。

ダウンロードのリクエストの時点で、パスコードの入力が必要です。
ここでTouch IDが使えるとよいのですが、厳格に、コード入力が必要です。
間違いのないようにということなのでしょうか。。

パスコード入力後、バージョンアップ用のファイルがダウンロードされます。

アップデートを要求
アップデートを要求し、ダウンロードが始まります。

ここでしばらく放置しました。

ダウンロードが完了すると、ロック画面に通知が表示されます。
ログインして「ソフトウェア・アップデート」の画面に移動すると、確認メッセージがポップアップします。

アップデート確認
インストールファイルのダウンロードが終わると、確認があります。今回は「あとで」を選びました。

すぐやるのか、あとでやるのか、10秒のうちに決めろというのです。

今回は「あとで」を選びました。(タップできます)

利用規約
利用規約は「同意する」を2回タップする必要ありです。もう1つポップアップします。

夜間にアップデート処理を実行して、再起動まで終わらせてくれるので、先に利用規約の同意を求められます。
是非もなしです。
OSを使うというのはそういうことなのですw

あとは、寝ている間(2:00~4:00)にインストールしてくれます。(充電必須)

朝起きたら、再起動までが完了している状態です。
そこから、初期設定が必要です。

  • ソフトウェア・アップデートを自動化するか
  • スクリーンタイムの設定
  • 最近使用したAppに切り替える(機能紹介)
  • コントロールに素早くアクセス(機能紹介)

iOS12だよ、という画面が最初にあり、「さあ、はじめよう!」画面が最後にあります。
このあたりの設定やら画面切り替え操作が必要です。

そして、バージョンアップ完了です!!

所要時間

懐中時計

おそらく、のべ2時間半ほどです。

インストール処理中は寝ていたので、実際のところは分からないのです。

ただし、確認、ダウンロード、準備、インストール指示まで、実測で1時間ほどを要しています。
この時間は知っておく必要があると思います。

再起動は30分弱でしょう。
iPod touchの事例から、そう推察できます。

OSアップデート後は、導入済みアプリのアップデートも必要です。
お忘れなく。
導入している数によりけりだと思いますが、長いと10分以上は普通です。

変わったこと

目に見えて変わったところがいくつかありますので、書いておきます。

顔文字やらなんやらは、使わないので記録の対象外ですw

動作

グラフ

さすがのiPad Proです。
アップデート後の動作に問題は感じません。

もともと軽いので、パフォーマンスが向上したのか、はっきりとは分からないというのが正直な感想です。

メジャー側なので、問題が起こるとも思っておりません。
心置きなくバージョンアップできました!w

操作(アクション)

バージョンアップ後の機能紹介があったとおり、大きく2つのアクション変更があります。

アプリ履歴の呼び出し方法と、コントロールセンターの呼び出し方法です。

これまで、アプリ履歴と同じ画面だったコントロールセンターが、独自アクションに分離しました。
表示も別々です。

新しいアクションセンター
画面右上端から下にスワイプすると、アクションセンターが表示されます。アプリ履歴からは独立しました。

アプリ履歴の呼び出しは、これまでのとおりで、画面下端から上方向へのスワイプです。
ホーム画面でも呼び出せます。
ちなみに、フリックしてしまうと呼び出せません。ホーム画面に戻ります。

コントロールセンターの呼び出しは、画面右上端から下方向へのスワイプです。
時計表示とバッテリー表示の中間点よりも右側が目安だと思います。

変わったので調整

コントロールセンターには、『QRコードをスキャン』が追加されます。
ボタンの並べ方にもよりますが、見た目や使い勝手を考慮して、調整が必要だと思います。

新しい機能

「写真」、「ビデオ」、「ボイスレコーダー」には、初回起動時に新しい機能の案内が表示されます。

ボイスメモ
ボイスメモは新しくなり、アイコンも更新されています。

急いでいるときに表示されると、軽くイラっとするのでw
先に起動しておくことをおすすめします。

バージョン

バージョン表示は、「12.0」です。

iOS12
『iOS12』で最新です!

やはり新しいものを使いたいものです。
最新のOSは快適です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました