有線接続は確実ですよねというお話(最近無線の調子が悪いので)

Blog Admin
Blog Admin

先日、有線接続のキーボードを購入しました。
Bluetoothキーボードの調子が悪くなったためです。

キーボード

有線接続 vs 無線接続

無線接続は万能ではありません。
なんでもかんでもよいことばかりということはなく、いくつかのデメリットがあります。
今回は、有線接続と無線接続を比較して、有線接続のメリットと無線接続のデメリットを重視したというだけの話です。

なんでも臨機応変ですよ。

不調続きのBluetooth接続

最近、立て続けにBluetooth接続機器が不調になりました。
無線接続の場合、原因究明に時間がかかります。
というわけで、あまり真面目に調べていないのですが。。

事件1: キーボードが反応せず

キーボードからの入力がまったくできなくなりました。
Bluetoothに接続していないように見えました。

キーボード側の電池入替えや電源ボタン操作などを試したのですが、状況は変化せず。
ハードウェア故障の可能性が高いですが、詳細は不明のままです。

事件2: ヘッドセットマイクのマイクだけ認識されない

オンラインミーティング中に、ヘッドセットマイクでしゃべっているのに相手に通じていないことから発覚しました。
最初は「ぶつぶつ切れる」と言われたのですが。。

接続確認など行ってみたものの改善せず。
デバイスマネージャーなどで判明したのは、マイクを認識してくれていないことです。
イヤホンは使えており、動画を観る、音楽を聴くなどの受信系は問題ない状態です。

忙しかったこともあり、有線接続に切り替えました。
一応、メリットやデメリットは考えております。

有線接続のメリットは以下です。

  • 基本的に接続が切れない(確実な接続)
  • バッテリー不要
  • 反応速度が速い

もちろん他にもありますが。
今回は確実な接続が最優先です。

有線接続のデメリットは以下です。

  • コードが邪魔
  • 持ち運びや取り回しが面倒
  • USB接続口数に限りがある

もちろん他にもありますが。
デメリットには目をつぶります。

無線接続のメリットは以下です。

  • コードがなくきれいに見える
  • コンパクト
  • コードの取り回しを考えなくてよい

もちろん他にもありますが。
優先順位は下げました。

無線接続のデメリットは以下です。

  • ときどき接続不良になる
  • バッテリーが必要
  • 反応速度に若干のラグがある

もちろん他にもありますが。
接続不良を許容できなかったのです。

有線接続している機器

湯銭接続機器が増えました。
絶対的な数が増えると、デスクに就いたときにノートパソコンにぶすぶすコードを挿して、ちょっとした疑問と戦うことになるのです。。

液晶ディスプレイは有線接続するしかないと思っていますので。
あえては書かないです。

マウス

もともと、以下要素を意識して、バッテリー持ちを優先です。
というかバッテリー概念を排除したかったという話です。

  • 利用頻度が非常に高い
  • 止めたくない

デスクで使うぶんには、特に不自由ないです。

キーボード

SKB-SL29W」という静音キーボードです。
静かでよいです。
オンラインミーティングのときにタイピング音が気になってしまうのですが、これは大丈夫です。

サンワサプライ 有線USB静音スリムキーボード 109キー 日本語配列 薄型メンブレン ホワイト SKB-SL29W
サンワサプライ 有線USB静音スリムキーボード 109キー 日本語配列 薄型メンブレン ホワイト SKB-SL29W
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3vcpcZ4

最近調達したものです。
Amazonで1,782円でした。
品切れなのですね。。

ヘッドセットマイク

気に入っていた空気伝導タイプのヘッドセットが不調で、マイクのみ認識されなくなってしまいました。
スマホでは普通に通話できていることから、Windowsでの何かだと思っています。

致し方ないので、以前使っていて予備としていた有線ヘッドセットマイクを持ち出してきております。
イヤホンジャックに差し込むのでUSBの接続数に影響はないのですが。
コードが増える原因になっています。

Windowsの更新で変わるかもしれないので

Windows OS の何かが原因なら、累積更新プログラムを適用することで改善を期待できます。
Bluetooth接続に関する問題はあまり聞いたことがないのですが。。
今後の更新状況によっては、特にヘッドセットマイクの件は、改善するかもしれないと期待しています。

Windows 11
累積更新プログラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました