キーボードの英語配列を日本語配列に変更する方法(Windows 10)

たとえ英語配列のハードウェアキーボードだとしても、OSレベルで設定を変更してしまえば、日本語配列キーボードになります。
キーボードレイアウトの変更です。
キーに印字されている文字をどうするかは、また別の話ということで。

何も印字されていないキーボードが存在するくらいですし、手元を見ながら入力する機会は少ないでしょう。

作業

US配列のほうが、スタイリッシュなキーボードが多いんですかね。
ときどき、そんなのを買って困ってるひとを見かけます。。w

US配列だと記号の位置が異なります

アットマークがないっ!
ダブルクォーテーションは??

てか、日本語入力できないんだけど。。

タッチキーボード

タッチキーボード

アルファベットの並びは同じです。
QWERTY配列とかいいますね。

そのうちのUS配列とJP配列だと、記号の場所が異なります。

だから上記のような話になるわけで。
ぱっと見、アルファベットの位置がいっしょだから害はないように見えて、案外不便な思いをすることも。

そんなときは、設定を変えてしまえばいいんだよ。
見た目は気にしないで、自分の手の記憶を信じて!



キーボード配列の設定変更の方法

日本語配列にするには、以下のようにたどりましょう。

Windows → 設定 → 時刻と言語 → 言語 → 日本語 → オプション → ハードウェア キーボード レイアウト 内の「レイアウトを変更する」ボタン

設定(1903版)

設定(1903版)

言語

言語

キーボードレイアウトの変更

キーボードレイアウトの変更

ここで、日本語配列に切り替えてしまえばよいわけです。
再起動(サインアウト)が必要なので、お忘れなく。

どのキーが何になるか、標準的なレイアウトならすぐに分かるんだけど。。

US配列キー搭載のノートパソコンでも

海外製品を買う方には常識なのかもですが。
キーボードに何と書かれていようが、OSの設定を変えてしまえばいいんだよ。

ときどき困っちゃうのは、標準配列じゃないやつ。

キーボード

US配列かつ特殊配列(OneMix 2S)

これはもはや、動かしてみるしかない。
ファンクションの方にいろいろ混じってたり、カーソルキーの辺りの並びが独特だったり。。

キーボード操作を間違えたからって壊れることはないんだから、まずは押してみよう!

必要なら、ちょっとメモっておいて。
刻印(印刷)されてるものとは全然違う動きをすることになるよね。
分かるのは自分だけ。
キートップにシールでも貼ってみる?w



タッチタイピングは記号まで覚えてこそ!

キーボードのホームポジションが分かったら、そこからは手元を見ずにローマ字入力。
タッチタイピングできるもんね。

キーボード

日本語配列のキーボード例

けどときどき、難しい記号があるんだよね。
パッと分からないときがある。

ドルとかパーセントが微妙。。
縦棒も。
SQLをバリバリ書いてたころはけっこう使ったと思うんだけど。。
コピペだったかなw

よく使うものは覚えて、あとはあてずっぽうのトライアンドエラーでもよき。
身体で覚えると身に着くよね。

最後まで読んでくださりありがとうございます!
よろしければ、ライターのTwitter(@SubShine_wnkhs)をフォローしてやってください。

最新情報をお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました