Snoppa ATOM 傾いていたのでキャリブレーション調整(確実な実施方法)

コンパクトな電動スタビライザーで有名な「Snoppa ATOM」を使っています。最近、左に傾いて困っていたのです。
キャリブレーションの調整が必要ですよね。
ところが「水平校正」を実施しても改善せず、困ってしまったのでした。

問題解決の記録です。

Snoppa ATOM
キャリブレーション設定

結論としては、「ドリフト校正」を実施後に「水平校正」を実施です。
水平方向がおかしいからと、水平のキャリブレーションばかりに目が行っていました。
両方とも順番通りに実施しないといけないのですね。

折りたためるスマホジンバル「SNOPPA ATOM」は、少しクセがあっても、慣れてしまえば問題なし
「SNOPPA ATOM」を調達しました。折りたためるスマホスタビライザー(スマホジンバル)です。小さいことはよいことです!

ドリフト校正 → 水平校正

斜めになっているのは水平が取れていないからだ、と勝手に判断して、「水平校正」のみを行っていました。
直後はしっかり水平になるのですが、しばらくすると傾いてきます。。

「ドリフト校正」が必要なのですね。

ドリフトキャリブレーションは少し手間ではありますが、実施後はきれいに水平を保ってくれています。

ATOM画面

画面左上の歯車アイコンで設定に進みます。

SNOPPAアプリでATOMに接続した状態から、スマホを操作します。
ATOM側の操作もあります。

ジンバル

「ジンバル」タブの「校正」の部分です。

設定 → ジンバル

まずは「ドリフト校正」からです。
校正 = キャリブレーション ですね。

ドリフト校正

キャリブレーションを始めるには、「ドリフト校正」で「Start」をタップします。
その前に、気になるメッセージが。。

ドリフト校正

ドリフト校正をスタートします。

英語で何やら書いてあります。

キャリブレーションの実施前に、ATOMの電源を切り、スマホを外し、ATOMを折り曲げてロック状態にします。
その後、ATOMの電源を入れて、スマホと接続します。

要するに、いったん再起動してくださいということです。
再起動してから、あらためてドリフト校正を実行します。

「Starg」をタップすると、処理がはじまります。

キャリブレーション中

キャリブレーシ中

ジンバルの電源は入ったまま、脱力状態になります。
スマホを外して、ジンバルをロック状態にし、水平な場所に置きます。
この間、スマホのアプリ画面では、処理中であることを示す表示が続きます。

失敗の場合

今回、1回目の処理が失敗したので、記録です。

失敗

キャリブレーションの失敗

「failed」となっていますので、失敗です。。
ジンバルを再起動して、やり直しです。案外手間ですね。。

成功の場合

2回目は成功しました。

成功

キャリブレーシの成功

「successful」となっていますので、成功です!
ひと安心です。
電源を切るか、スマホに接続して電源を入れるといったことが書かれています。
よく分からないので、電源を切り、スマホをセットしてから電源を入れ、アプリと接続しました。

これで、準備は整いました。
水平校正に進みます。

水平校正

メニューをタップして進みます。

水平校正

水平校正をスタートします。

「Start」をタップする前に、イラストのように水平な場所に固定することをお忘れなく。
あとは、ジンバルが勝手に動いて、水平を修正してくれます。

処理が終わると、脱力状態になります。

画面上で「RESTART」(再開)をタップすれば、ジンバルは正常に動きだします。
これできれいに水平を保つようになりました。

斜めになった映像

ご参考で。
斜めになった際の映像です。

江戸城本丸へ – 2020年2月11日

左に傾いています。。
微妙ですw

SNOPPA ATOM ブラック(黒) 3軸ジンバル カメラスタビライザー スノッパアトム 【国内正規品/1年保証】
SNOPPA ATOM ブラック(黒) 3軸ジンバル カメラスタビライザー スノッパアトム 【国内正規品/1年保証】
Amazonで見てみる
https://amzn.to/330vnR8
最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました