Windows 10 をいつまで使うつもりですか?

Blog Admin
Blog Admin

Windows 10 のサポート期限は、2025年10月14日です。
あと何年か、計算してくださいね。
ユーザーが多い場合、準備作業にも時間がかかります。

壁紙

Windows 10
サポート期限

なんでも終了するものです。
最後のWindowsなのかと思っていたら、普通にWindows 11 がリリースされましたしw

いずれにしても、Windows 10 のサポート期限はチェックしておきましょう。
まだまだよく見るOSバージョンですが。
だんだんと終わりが見えてきました。

消えゆくモノたち

Windows 10 Home and Pro

2015年7月29日に開始されたサポートは、2025年10月14日が期限日になっています。
公式サイトでチェックできます。

Wallpaper

バージョンごとにもサポート期限が決まっています。
古いバージョンを使っている場合、2025年よりも早くに期限を迎えます。
ご注意ください。

対象エディションは以下のとおりです。

  • Home
  • Pro
  • Pro Education
  • Pro for Workstations

選択肢は限られるが

現行ライセンスのまま使い続けたいですよね。
最近のマシンは、ちゃんとしたものを買うと、案外持ちますし。

そうなってくると、バージョンアップが唯一の対処になるわけです。
バージョンアップのパターンは2つですが。。
Windows 11 へのOSバージョンアップでよくないですか?

Blog Admin
Blog Admin

手元端末はすべてWindows 11に更新済みです。

バージョンを最新化する

壁紙

21H2や22H2といったバージョンを最新化します。
22H2以降は、23H2と24H2しかなさそうですね。

古いバージョンはサポート期限が切れています。

新しいバージョンには何かしら不具合が内包されることが多く、なんとも気持ちがモヤモヤすることと思います。
とはいえ、現行の旧バージョンにも問題はあるわけですから。
即時更新は避けるとしても、長期間放置はマズいと思います。

Windows 11 にする

壁紙

最新のOSにすればよいのですよ。
Windows 10 のライセンスを持っていれば追加費用はかからないわけですから。
インターフェイス(見た目)がちょっとかわっただけで、実質的な中身はWindows 10 とそう大きく変わらないはずですし。

Windows 11 のサポート期限は、2022年12月の時点で、明示されていません。
22H2の期限はですが、その先もあるのです。

Windows 11 はタスクバーのボタンが真ん中に寄って使いにくそうですか?
分かります。
実際、使いにくかったです。
その他のいらないボタンもたくさんある印象です。

というわけで、なるべくWindows 10に近い見た目にする方法を考えました。

検証機関を計算してください

急に移行ができればよいのですが。。
さすがに業務アプリケーションを動かしているパソコンとなると、動作確認できてからの移行になると思います。

個人利用ならなんでもよいわけですが。

ミーティング

検証作業には、案外時間がかかります。
何年もということではないにしても、今週中に終わらせるとかいったことは難しいでしょう。
場合によっては検証機を用意して、並行稼働させながらとかいったことになります。
月次処理までは最低でも確認しておきたいところですし、場合によっては、旬とか半期とか期とか年とかいったインターバルの処理もあることでしょう。

どこまでテストするか設計も必要です。
あらかじめ備えておかないと、大変なことになりますよね。

Windows 10
消えゆくモノたち

コメント

タイトルとURLをコピーしました