折りたためるスマホジンバル「SNOPPA ATOM」は、少しクセがあっても、慣れてしまえば問題なし

「SNOPPA ATOM」を調達しました。
折りたためるスマホスタビライザー(スマホジンバル)です。小さいことはよいことです!

SNOPPA ATOM
レビュー

小型化したことで、ややクセがあるわけですが、補って余りあるだけのメリットがあります!!
すでに持っていましたが、大きくて持ち出しが億劫で。。

持ち運びやすさは大事!!
ファーストインプレッションです。

ポケットサイズは伊達じゃない「SNOPPA ATOM」

スマホを取り付けて、撮影の手振れを軽減するスタビライザーです。
いわゆる、3軸スマホジンバルです。

パッケージ

Amazonで購入しました。
新しいジンバルを探していて、小型というキーワードに惹かれました。
お値段はそれなりですが、それだけの価値はあると確信しております。

特徴は、折りたためて小型化できること。
いい意味で、それだけです。
同一価格帯のジンバルができることは、ひと通りできると思います。

パッケージの4コマ

イラストを見れば使い方が一目瞭然です!

いろいろとこなれている印象です。
パッケージ開封の時点から、そういった印象を受けました。
4コマを見るだけで、すぐに使い始められるのです。
スマホクリップ部分は溝が切られていて、ボタンが押されないようになっています。
細かいところで、気が利いている感じがします。

カタログスペックは以下です。

  • 本体重量: 440g
  • 最大積載重量: 310g
  • 撮影時間: 15時間
  • 充電時間: 3時間
  • チルト軸: 330°
  • パン軸: 330°
  • ロール軸: 360°
  • 対応幅: 55-88mm
  • 対応厚さ: 9mm

ロール方向は360度という表記ですが、無限グルグルです。360度以上どこまでも回転できます。

同梱品

キャリングケースと保証書とマニュアル(多国語版)が入っています。日本語マニュアルは別付けでした。

専用アプリとの連携が前提です。
被写体追跡やタイムラプスなど、アプリとの連携で可能です。
ただし、スマホのカメラ機能を使っても撮影は可能です。
好きな砲でやればよいと思うのですが、専用アプリの方が、楽しい機能が使えると思います。

調達価格は、16,800円でした。
時期によって上下しますね。



持ち運びが楽

最大の特徴は、折りたためることです。
どうしてもある程度の大きさになってしまうジンバルが、ポケットサイズにまで小型化できるのです。
このデバイスに関しては、これに尽きます。

折りたたみ式です!

折りたたんだ状態で入っています。(当然ですねw)

持ち運びがとにかく楽です。
「ポケットサイズ」と書いたとおり、パーカーのポケットに入れていました。
折りたたんだ状態で、真ん中にチャックがあるパーカー(ユニクロのLサイズ)の片方のポケットに収まりました。
ズボンは難しそうですw
アウターなら、革ジャンなどでなければ、きっとなんとかなります。

同梱のケーブル類

ジンバルからの充電用ケーブルと、外部マイク用の接続端子が入っています。

専用ケース(巾着)が付いています。
これに入れて、リュックなどのカバンに入れてしまえば、スパースを取らずに持ち運べます。
小さいことはいいことです。

大きさ比較

一般的な形状のものと比べると、かなり小さいです!

もともと持っているジンバルと比較して、一目瞭然です。
コンパクトに携帯できるということばがよく似合います。

クセはすぐに慣れます

小型化したことで可動域への弊害があります。
というようなレビューがけっこう書かれています。
Amazonにも書いてあって、少し不安ではありました。

が、問題にはなりません。
理由は簡単です。

可動域は、デバイスを見れば分かります。
スマホが干渉してエラーになるとか、ちゃんと考えて動かせば、そのようなことは起こりえないのです。

内装

スモークがかかった感じが今どき感です。

折りたためないタイプのアーム形状とは異なる動きをすることは確かです。
独自アームですので、他の折りたためないタイプとは、若干動きが異なります。
たとえば、ローアングルは、前方向に倒すのではなく、横(左)方向に倒す動きです。
グリップが横斜めになりますので、ジョイスティックの動きが90度変わります。
このあたりの操作に慣れさえすれば、使い勝手は特に不自由ないと感じます。

独自アームのおかげで、スマホ底面へのアクセスが非常によいのです。
充電でもイヤホンマイクでも、重量バランスを気にせずプラグを挿せます。

スタビライザーとしても優秀

スマホアプリ「SNOPPA APP」とBluetoothでペアリングして使います。
アプリがあれば、デバイスのファームウェア更新もできて、とっても楽しいです。

マニュアルもアプリに搭載されているのですが、ほとんど読まないで使えます。
そもそもの使い方は、上記のとおりにパッケージに書いてあるとおりですし。
アプリ内のアイコンなどもよくできていて、あえて何かを読まなくても大丈夫な印象です。

ある程度、スマホとかデバイスとかいったことに慣れている人なら、即時使い始められるでしょう。

猿島のトンネル

歩きながらの撮影しか試していませんが、しっかり手振れを抑えてくれています。
カメラ性能は、当然ながらスマホに依存です。
特に、ダブルレンズを利用したような撮影は、アプリではできません。
そんな時は、スマホの写真アプリを遣えばよいのです。

[easy_panorama id=”14482″]

アプリでは、グリッド線の表示はもちろんのこと、パノラマ撮影などをやってくれます。
動画と静止画、それぞれでいくつか機能が搭載されています。
まだすべてを試していないので、いろいろ試しながら、追って記録していこうと思います。

電池持ちもまあまあなので、2日ほどの撮影旅行には耐えられそうです。
USB-Cで普通に充電できますから、1日もてばよいわけですが。



買ってよかったと思っています!

もともと持っていたジンバルから、価格としては倍になるステップアップです。
せっかくなので、何か大きな特徴があるものと思ってSNOPPA ATOMを選んだのです。
繰り返しになりますが、小さいことは素晴らしいです。
とにかく持ち運びに不自由しません。

一般的な形状のジンバルだと、それなりの大きさになります。
専用ケースだと運ぶものが増えますし、カバンに入れて運ぶにしても場所をとります。。
けっこうな気合が必要だったのです。

猿島の岩場でパノラマ撮影

SNOPPA ATOMは、本格的な3軸ジンバルでありながら、小型です。
折りたためば小さくなって、ぐらぐら動くこともありません。
専用の巾着にはピッタリと収まり、キャンバス地が丈夫に守ってくれています。

日本語マニュアルが付いています。ありがたいですね。
ただし、既述のとおり、マニュアル要らずなのです。
よくできたアプリは、見た目でなんとなくやれることが分かります。
アプリ内のマニュアルは英語なのでご注意ください。

猿島と第三海堡の遺構@うみかぜ公園

Qi充電しながらの撮影に対応できる端末がないのは残念です。。
が、機能はまだまだ使い切れていません。
まだ試せていない機能は、これから挑戦していこうと思います。
楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました