【Windows 10】累積更新プログラム「KB4530684」をインストール

Windows Update にて、「2019-12 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB4530684)」をインストールしました。
OSビルド 18362.535 です。
12月10日にリリースされています。

2019-12 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB4530684)

今回は、他にもたくさんの更新が付いてきました。
それらを含めた処理時間の記録です。

実施環境は、Windows 10 Pro バージョン 1909 です。

Windows 10 累積更新プログラム

KB4530684

Windows 10

本家サイトは、まだ英語のままです。
自動翻訳にはどれほどの時間が必要なのでしょう。他のページとの関係もあるのでしょう。しばらくすれば日本語になると思います。

ハイライトは1つです。
セキュリティー関連の内部的な更新ですね。既知の問題はありません。
「1903」と「1909」向けの両方の情報が書かれています。

ダウンロード待ち

今回は、ダウンロードボタンが表示されるタイプでした。

他に5つの更新がありました。

「ダウンロード」ボタンを押せば、これらすべての更新処理が始まります。

所要時間

ダウンロードとインストールの指示をしてから、再起動完了まで29分ほどでした。
長いと思います。
単独の更新であれば、もう5分ほど短縮できたと感じます。

インストール中

ダウンロードからインストール完了までの実測値は、27分です。
73パーセントと74パーセントに壁がありました。
.NETでも壁を感じました。

再起動待ち

再起動の指示後は、1分半ほどで完了しました。
こちらは、最近の平均的な時間です。

インストール項目は多かったのですが、再起動待ちになったのは2つだけでした。

更新プログラムのインストール手順

標準のとおり、Windows Updateで行います。
設定によるわけですが、放っておけば自動実行されます。
もちろん手動での実行も可能です。
呼び出し手順は、たとえば以下です。(方法がいくつかあるので)

Windowsメニュー → 設定 → 更新とセキュリティ

設定(1903版)

設定(1903版)

1903になってから、ダウンロードとインストールの通知や指示方法が変わりました。
「今すぐダウンロードしてインストールする」のタイプと、「ダウンロード」ボタンだけのタイプがあります。

今回は後者でしたので、ボタンをクリックして、更新プログラムの導入が始まります。

更新後の様子

累積更新プログラム適用後、パソコンは元気に稼働しております。
特に何かあるようには見えません。平和なものです。

累積更新プログラムの内容は多くありませんし、オフィス関連の更新は、すべて再起動不要なものでした。

1909は安定していますねw
Windows 7 のサポート切れや、Office 2010 のサポート切れのほうが気になる、今日このごろです。

Windows 10 累積更新プログラム

wnkhs.net BlogAdmin

コメント

タイトルとURLをコピーしました