Windows 11 で接続中のWi-Fiのパスワードを確認する

Blog Admin
Blog Admin

Wi-Fiのパスワードを忘れましたか?
接続中の情報なら確認できますよ!

壁紙

Windows 11
接続中のWi-Fiのパスワード

パソコンの管理者権限があれば、接続中のWi-Fiのパスワードは確認できます。
SSIDといっしょに、お隣の同僚に教えてあげてください。
きっと接続できることでしょう。

標準機能です。

確認した環境

Windows 11 Pro / Home

パスワードを確認する方法

操作経路はいろいろです。
Windows 11になって、設定への情報統合が進んでいますので、「設定」からの経路を書きます。

操作方法

設定
→ ネットワークとインターネット
→ ネットワークの詳細設定
→ ネットワーク アダプター オプションの詳細
→ Wi-Fi をダブルクリック
→ 「Wi-Fiの状態」で「ワイヤレスのプロパティ」ボタンをクリック
→ 「セキュリティ」タブ
→ 「パスワードの文字を表示する」のチェックをオン

ネットワーク接続
ネットワーク接続

ご覧のとおり、コントロールパネルからの経路もあります。
好きなほうでご確認ください。

Wi-Fiの状態
Wi-Fiの状態
接続
接続
セキュリティ
セキュリティ

管理者権限が必要

サーバ

前提条件です。
パソコンの管理者権限が必要です。

盾マークがありますね。

アカウントが一括管理されている場合は、組織の方針によって個人単位でやれることが異なります。
管理者権限があってもこの機能が使えなかったり、管理者権限がなくてもこの機能が使えたり、状況はさまざまだと思います。
試してみて無理なら、システム管理者にご相談を。

WPA2エンタープライズの場合

壁紙

セキュリティ規格が「WPA2 エンタープライズ」だと、この手は使えません。
個人ごとにIDとパスワードが設定されています。

もしRADIUS認証の場合には、ご自身のアカウントIDとパスワードをお試しください。

証明書やらを使うパターンもあるので、そのときには、システム管理者にご相談を。
セキュリティがしっかりしているのはよいことですよ。

ネットワーク接続だけなら

そのSSIDの電波を使いたいということでしたら。

逆テザリングはいかがでしょうか。
自分のPCをホストにして、お友だちのデバイスから接続してもらいます。

モバイルホットスポットといいます。

iOSやAndroidは考え方が異なる

iOSデバイス(iPhoneなど)では、接続中のWi-Fiのパスワードは手元で確認できません。
グレーゾーンやバックドア系の裏技はありますが、やりたくないですよね。。

Androidでも、接続中のWi-Fiのパスワードは確認できません。
が、接続情報をQRコード化して共有する機能がある場合があります。
QRコードを読むと、きっとパスワードが書いてありますよ。
接続中のWi-Fiに他人を招待する目的は、QRコードによる共有で果たせます。

Wi-Fi

あとは、テザリングでWi-Fiを使ってしまう手もあります。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Windows PC
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました