【WordPressアプリ】iOS版とAndroid版の機能比較(2018年5月版)

WordPressのアプリをスマートデバイスに導入して利用しています。
iOSとAndroid、2種類のOSごとに見た目が若干異なる(利用できる機能も一部異なる)ので、まとめておきます。

2018年5月時点で、WordPressアプリがWindowsストアから消えていることに気付きました。
2017年2月19日の投稿では、Windows 10 mobile版を含む3種類のアプリ比較でしたが、iOS版とAndroid版の2種類の比較に直しました。
アプリの機能も変わっているので、合わせて最新化しました。

投稿部分以外はあまり使わないので、メインの部分のみの話です。

比較対象

比較する版は、それぞれ以下のOS導入分です。

  • iOS 11.3
  • Android 8.0

どちらも、OSバージョンはなるべく最新に保つようにしています。

OSごとの名称比較

メニュー項目を比較すると、以下のようになっています。
前回の比較時から増えた機能項目は、太字にしています。

役割iOS版
項目名
Android版
項目名
統計情報の確認統計情報統計
固定ページの確認サイトのページサイトページ
投稿の確認ブログ投稿ブログ投稿
メディアの管理メディアメディア
コメントの確認コメントコメント
テーマの管理テーマテーマ
メニューの管理メニュー×
パブリサイズ共有用アカウント管理共有共有
ライター管理
プラグインの管理プラグインプラグイン
ブログの設定設定設定
自サイトの表示サイトを表示サイトを表示
管理画面の表示WP Admin管理画面表示

項目の並びが若干異なることと、Android版アプリではメニュー項目を調整できないことが差です。
逆に、上記以外の大部分に関しては、機能的な差はほとんどないと見て差し支えないと思います。

言葉遣いは統一されるのでしょうか。
あえて変えているのか何なのか、興味深いところです。

スポンサーリンク


使い分け

OSごとのやれること差は、メニューの管理のみです。
そして、メニューの管理をモバイルアプリでわざわざ行うことは、ほとんどないのです。

敷いて使い分けるとしたら、以下のような考え方でおりまさう。

iOS版

iPod touch 第6世代は、画面のピクセル数がまあまあ小さいので、スクショを「メディア」でそのままアップロードしています。

投稿別の統計情報を見ようとすると、縦持ちの場合はメニューが表示されません。いっしょに「ゴミ箱」なる削除コマンドも表示されません。
(横持の場合は表示されます。)
メニューをフリックするのが手間ですが、逆に誤操作防止にはなっていると思っています。

そして、投稿が「公開済み」と「下書き」と「予約済み」と「ゴミ箱移動済み」に分かれているので、誤って公開してしまうといった誤操作も防止できます。

Android版

投稿の管理画面で、誤って投稿をタップしてしまうと、編集状態になって、保存しないと元に戻れません。
スマホアプリで保存してしまうと、内容を変更していないのにソースの表記が変わってしまい、まるで変更したかのようになります。
不便です。。

ブラウザ画面でロールバックさせるのが手間です。。

「ブログ投稿」画面に入るときには、最新の注意が必要です。

グラフ

まとめ

項目名や機能での差は、ぱっと見ではほとんどないように映ります。
ですが、なぜかiOSのほうがインターフェースがこなれていて使いやすいのです!
細かい使い勝手で差があります。

個人の見解ではあるものの、iOS版のWordPressアプリの方が、圧倒的に使いやすいです。

そして、投稿を含めた細かい編集は、PCからブラウザ(Chrome)版を使うのでした。
あ、ときどきiPad Proでもブラウザ(Safari)版を使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました