電池残量を分かりやすく表示できる「Battery Mix」を導入(何も表示されないので。。)

UMIDIGI F2 では、やや困ったことがあります。
バッテリー残量が、まったく分からないのです!

そこで、「Battery Mix」というアプリを導入しました。
電池残量をナビゲーションバー部分に大きく表示させられます。

「Battery Mix」導入

バッテリー残量を数字で標示させようと思っていたのです。
このアプリは、数字での表示以上に、バー標示が独特で、分かりやすくてうれしいです。

画面の長さが100%

通知バーやタスクバーや、画面の左右の縁に、バッテリー残量のバーを表示できます。

表示例は下のスクショです。

Battery Mix 設定

バッテリー残量バーの設定画面

画面上部の通知バーや、画面下部のタスクバーなら、スマホ画面の横幅いっぱいがバッテリーの100パーセントです。
バッテリー残量バーの表示を左右どちらかにすれば、スマホ画面の高さいっぱいが100パーセントです。

画面の右上隅のアイコン表示では分かりにくい残量が、かなり分かりやすくなりました。

上の例だと、タスクバーの上部分の色が変わっている長さがバッテリー残量です。
そういう設定にしました。
これだと、半分よりやや少ない程度なので、48パーセントくらいでしょうか。
ちなみに、スクショの上部にいろいろとイメージが入っているのは、アプリのデフォルト例示です。

設定方法

バッテリー残量を数値で表示してくれる機能と、残量バーを表示してくれる機能があります。
他にも機能はありますが、今回は使っていません。
残量がしきい値になったら通知とかとかです。

アプリを起動 → デザイン変更 → バッテリー残量バー

バーを表示

「残量バーの表示」にチェックをいれれば、デフォルトでは画面上部表示です。
アプリの上に表示することを許可する必要があります。

位置決め

「残量バーの位置」で、表示位置を決めます。
個人的には上か下です。左か右は、やや邪魔な気がしますし、長すぎます。
これは好みですね。

バーの太さと方向

「残量バーの幅」で、バーの太さを決められます。
設定はリアルタイムに反映されるので、様子を見ながら調整でよいと思います。

100の位置を逆にしたり、バーの色を変えたりと、細かい設定が可能です。

バッテリー表示は治したい

画面右上の様子がおかしいところから話は始まって、いろいろ調べて便利なアプリにたどり着けました。
よい出会いです。

他の端末にも入れてしまったほどです。

android 10

最初のころは正常な表示でした。

ただ、もともとは正常だった表示なのです。
UMIDIGI F2 の電池残量表示はもとに戻ってほしいです。

android 10 ヨコ

今は、右上のバッテリーが空洞です。。

再起動しても治りませんし。。
更新が来てくれたら治るものでしょうか。。

最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました